MENU

【呪術廻戦 227話】五条悟の運命…”無限呪術”の暴走で自滅か…※ネタバレ注意【Raw考察】

【呪術廻戦 227話】五条悟死亡..."無下限呪術"の暴走で自爆か...※ネタバレ注意【やまちゃん。考察】

※出典:【呪術廻戦 227話】五条悟死亡…”無下限呪術”の暴走で自爆か…※ネタバレ注意【やまちゃん。考察】/やまちゃん。(https://www.youtube.com/watch?v=bTmPurcX0T0)

呪術廻戦の次の展開について、五条悟の死亡と暴走の可能性が注目されています。彼の無理な術式使用や縛りによるデメリットが、戦いの後に大きな影響を与えることが予想されています。また、乙骨の発言やナナミからの伝えられた情報など、さまざまな伏線が描かれており、五条の存続や未来の展開に大いなる関与があると考えられています。これらの要素を踏まえながら、五条悟の状況や彼の術式に対する考察を進めています。

この記事の要約
– 五条悟が現在クライマックスを迎えている呪術廻戦で注目されている
– 乙骨が五条の異常事態に心配していることがあり、これが今後の展開の伏線となる可能性がある
– 五条は勝負を急いでおり、猟犬会を3回行使していることから短期決戦を狙っている
– 並びから何か伝えられている可能性があり、ナナミからのメッセージを受け取っている可能性もある
– 五条の無限呪術には致命的なエラーがあり、縛りによりデメリットが発生することが予想される
– 五条は可能性として冷却システムや代替のエンジンを使って術式を動かしている可能性がある
– 五条の術式がオーバーヒートすると無限の概念が拡散し、五条自身も飲み込まれる可能性がある
– 無限が拡散した場合、火葬の質量が付与されることとなり、ブラックホールとなる可能性もある
– 五条は自らの命を織り込んで戦っている可能性があると考えられる
詳しくは動画でご覧ください
目次

五条悟の無茶な戦い方とその可能性について

五条悟死亡現在クライマックスを迎えている呪術廻戦。そんな呪術廻戦で注目したいのは五条悟の死亡呪いなどの頂上決戦を繰り広げている現代最強の術師工場聡ですが、最新227話にて、を同じく特急術師である乙骨が、五条のみに起きている異常事態について心配しているということです。

五条悟は勝負を急いでいることが指摘され、その背後には熟成の極致であり、磁力消費も大きな負担となる領域展開や、短時間で3回も行使する猟犬会など、術式への負荷が大きい技を使っていることが挙げられます。また、頂上決戦の前に何か伝えられていることや、時間外労働の縛りを使っている可能性もあると考えられています。

五条悟の無茶な戦い方により、彼が戦いの後に無事ではいられない可能性が非常に高いと言えます。また、彼が使っている縛りによりデメリットが発生し、無限呪術が致命的なエラーを抱えることも予測されます。そのため、彼の戦い方は自己犠牲も込められており、戦いの後彼がどうなるのかが注目されます。

五条悟の術式と車のオーバーヒートの関係について

五条悟の術式にはオーバーヒートの概念が当てはまると考えられます。オーバーヒートした車を動かすためには、エンジンを冷やしながら無理やり動かすか、代わりのエンジンを用意する必要があります。同様に、五条悟の術式もオーバーヒートした場合、エンジン(術式)の動作に問題が生じる可能性があります。

五条悟の術式の縛りが関連していると思われる斜めケントの時間外労働により、出力が数段高まると考えられます。しかし、出力を高める代わりに戦闘終了後に出力がマイナスになるデメリットも存在します。もし無限呪術の出力がマイナスになった場合、五条悟は無限の概念に飲み込まれてしまうでしょう。

このように考えると、五条悟の術式も車のオーバーヒートと似た性質を持っていると言えます。彼が自らの術式を無茶に使っており、それが彼自身の命をも織り込んで戦う理由になっている可能性が高いです。

五条悟の無限呪術とブラックホールの関係について

五条悟の無限呪術は収束するのではなく、拡散する可能性があります。そして、拡散した無限が火葬の質量を持つことになり、それはブラックホールのようなものになると考えられます。

五条悟は重力の流れを精密に見ることができるリグガンの持ち主であり、彼自身も拡散する無限がどうなるかを認識しているはずです。彼は自分の術式を無理やり高めることで、拡散した無限を倒すための戦いをしているのかもしれません。

しかし、無限呪術の出力がマイナスになってしまった場合、拡散した無限は火葬の質量を持つことになり、それはX雲行きが放ったブラックホールのようになる可能性があります。この状態で五条悟は無限に飲み込まれることになるでしょう。

以上のように、五条悟の術式や無限呪術に関して考察してみました。彼の無茶な戦い方や術式のオーバーヒート、さらには無限呪術の可能性について考えると、彼が戦い終わった後に何が起きるのかが非常に気になります。皆さんもぜひコメント欄でご意見や考察をお聞かせください。

参考:【呪術廻戦 227話】五条悟死亡…”無下限呪術”の暴走で自爆か…※ネタバレ注意【やまちゃん。考察】/YouTube「やまちゃん。」(https://www.youtube.com/watch?v=bTmPurcX0T0)

【動画】【呪術廻戦 227話】五条悟死亡…”無下限呪術”の暴走で自爆か…※ネタバレ注意【やまちゃん。考察】

まとめ:【呪術廻戦 227話】五条悟の自爆か…!?【ネタバレ注意】

この動画は、呪術廻戦の最新話を元に、五条悟の死亡とその背後にある可能性について考察しています。

動画の中で、五条悟の無茶な行動や乙骨の心配について触れられています。また、五条の使用している縛りや術式のオーバーヒートについても言及されています。

さらに、時間外労働や領域展開、ナナミとの関係などを根拠に、五条がオーバーヒートした術式を使っている可能性や、その結果徐々に体力を消耗してしまう可能性が指摘されています。

動画の中で提案された対処法としては、エンジンを冷やしながら無理やり動かす方法や、代わりのエンジンを用意する方法が挙げられていますが、どちらの方法も元のエンジンにはダメージを与える可能性があります。

最後に、無限呪術の出力がマイナスになることで起こりうる状況についても考察されています。拡散する無限がブラックホールになり、五条自身も火葬の質量を持った状態になる可能性が指摘されています。

この動画は、五条悟の死亡現在とその後の展開について、細かな根拠を用いて考察している内容でした。呪術廻戦ファンにとっては興味深い視点であり、物語の展開について考えるきっかけとなるものでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次