MENU

【解説】映画『ミッシング』の意味を解き明かす!クレーマーの謎とは?|石原さとみ×𠮷田恵輔×青木崇高×中村倫也【ネタバレあり】

【解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると鳥肌…なぜクレーマーが何度も出てくるのか|石原さとみ×𠮷田恵輔×青木崇高×中村倫也【ネタバレ考察】

映画『ミッシング』は、視聴者に深い感動と考えさせられるシーンが多く含まれています。特に、何度も登場するクレーマーの存在が物語の鍵を握っていることに気づくと、背筋が凍るような感覚に襲われるかもしれません。石原さとみ、𠮷田恵輔、青木崇高、中村倫也といった豪華キャストが演じるキャラクターたちの心情や行動に迫り、作品の意味を探るネタバレ考察を行ってみましょう。

要約
  • 石原さとみ主演の映画『ミッシング』は、6歳の娘が失踪し、夫婦やマスコミ、周囲の人々が落とし所を探すストーリー。
  • 映画『ミッシング』では、何度もクレーマーが登場し、その理由は娘の失踪事件との関連性がある。
  • 失踪した娘に対する不確かな希望や絶望から、主人公の心のエネルギーが消費され、クレーマーが登場する。
  • クレーマーは、心のエネルギーがはっきりと向けられる対象であり、その対象が不確かな場合、心のエネルギーが消耗される。
  • 映画『ミッシング』は、深い悲しみや絶望を描きながらも、視聴率を取るための分かりやすい要素との対比を通じて、人間の姿や苦しみを表現している。

詳しくは動画でご覧ください

目次

石原さとみについて

はいどうも一ぺが評です出産後の石原里主演吉田啓介監督の最新作ミッシング見てまいりました6歳の娘がね失踪してその事件を巡って夫婦マスコミ周囲関係者が落とし所を探し続けていくというものなんですけども本当にすごい作品2024年の法が最高傑作の1つだと言っていいと思いますで今回はねこの映画ミッシング劇中クレーマーが何人か出てきたヤクルト線がないとかね肩がぶつかった云々とかクレーマーが何人かで出てきたと思うんですがなぜ何度もクレーマーが出てきたのかというかそれこそがこの映画の肝の部分だと思っていますけどもなぜ何度もクレーマーが出てきたのかについての個人的な解説考察をしていきたいと思います

ちなみにここから先はネタバレを含む内容となっておりますのでご注意くださいそれではね映画ミッシング何度もクレーマーが出てきた理由は結論から言ってしまうと娘の失踪事件との退避を端的に表していると考えていますえどういうことかと言いますとこの映画ってこう娘が失踪というかまいなくなってしまったという最悪な絶望に不確かな希望警察とかねマスコミSNSともしかしたら娘が見つかるかもって期待するんだけど結局何も解決には向かわないそんな不確かな希望によって夫婦というか主に石原里の心がぶっ壊され続けるってことなんですけどもここで肝心なのは石原里の怒りだったり絶望の補先もまた不確かなままってことなんですよでというのもあの娘がいなくなったという状況においてはいろんな可能性がありますよね誘拐かもしれないし事故で海に落ちちゃったかもしれないし誰かに殺されちゃったかもしれないしどこかで生きてるかもしれないしといろんな可能性があってその可能性のパターンごとに怒りのほ先って違うんですよ誘拐や殺人だったらその犯人にほ先が無くし事故なら自分たちや身内に他先がむくしけど生きていたから誰かに感謝しなきゃいけない人娘がいなくなったという状況情報だけでは心のエネルギー保先をどこにどう向けたらいいのかわからないっていう状況が永遠に続くってことなんですよねで話戻してクレーマーが出てくる理由娘の失踪事件との退避ということなんですけどもクレーマーって心のほ先がものすごくはっきりしてると思いませんかもちろんね怒りってのはいろんな要素が絡み合っているのでその場限りのそんな単純ものではないのかもしれませんけどもとにかくヤルと線が品切れで腹が立ったら定員に当たればいいし肩がぶつかったらその相に怒りをぶつければいいとこう心のエネルギーが一直線にまっすぐぶつけられるんですよねでその真逆なのが石原里の状態さっきも言った通り娘がいなくなったという状況において誰に何にどう心のエネルギーを向けたらいいのかまるでわからないしかもその心のエネルギーっていうのは一家性のものではなくて娘への愛っていうほぼ永遠に続く強大なエネルギーでこうヤると線とかね肩がぶつかったとかそんなものと比べ物にならない娘の愛っていう強大なエネルギーで心のエネルギーがずっと消費されているから何かにそのエネルギーをぶつけ続けなければいけないそれがもはやルーティーンと貸したチラシ配りだったりメディア出演だったりホームページでのコメント読みまくりだったりとかとにかく何かにエネルギーをぶつけ続けなければいけないけれどその心のエネルギーに反して結果はまるで結びつかないからこそ心がぶっ壊れていくんですよ

ついでしかもねこの心のエネルギーと結果が結びつかないのって中村智が務めるテレビ曲も同じでこれだけ深い悲しみに打ちしれている石原さの姿があるけどもそれをテレビに移しても視聴率は上がらない結果には結びつかない視聴率が上がるのは有力者の息子が犯罪者だったとかね者が変態だったとかアザが海にやってきたとかどこどこの交差点で事故が起きたとか保先がはっきりしてるもの怒り感情のほ先がはっきりしているものが視聴率を取ってしまう分かりやすいものほど世界は理解しやすいし世界は反応しやすいっていうこう中村智也の抱える苦しさにも通じるものがあるっていうのがこの映画の縦軸落とし所が分からない折り合いがつかないことがあった時の人間の姿っていう縦軸に1本筋が通るという素晴らしいキャラ配置というかま構成というかとにかく素晴らしい映画なんですよねはいということでいかがでしたでしょうかこれだけね重たいテーマ題材を扱っているのでもっと締めっぽくなると思ってたんですけどもそこはねさすが吉田啓介監督のシリアスとコメディのバランス感覚がもうこれでもかと発揮されていてごめんなさい何回も言ってしまいますけど本当に素晴らしい映画だったと思いますそれでは少し長くなってしまいましたけどもここら辺で終わります最後までご視聴いただきましてありがとうございました1分がよでした

𠮷田恵輔について

はいどうも一ぺが評です出産後の𠮷田恵輔主演吉田啓介監督の最新作ミッシング見てまいりました6歳の娘がね失踪してその事件を巡って夫婦マスコミ周囲関係者が落とし所を探し続けていくというものなんですけども本当にすごい作品2024年の法が最高傑作の1つだと言っていいと思いますで今回はねこの映画ミッシング劇中クレーマーが何人か出てきたヤクルト線がないとかね肩がぶつかった云々とかクレーマーが何人かで出てきたと思うんですがなぜ何度もクレーマーが出てきたのかというかそれこそがこの映画の肝の部分だと思っていますけどもなぜ何度もクレーマーが出てきたのかについての個人的な解説考察をしていきたいと思います

ちなみにここから先はネタバレを含む内容となっておりますのでご注意くださいそれではね映画ミッシング何度もクレーマーが出てきた理由は結論から言ってしまうと娘の失踪事件との退避を端的に表していると考えていますえどういうことかと言いますとこの映画ってこう娘が失踪というかまいなくなってしまったという最悪な絶望に不確かな希望警察とかねマスコミSNSともしかしたら娘が見つかるかもって期待するんだけど結局何も解決には向かわないそんな不確かな希望によって夫婦というか主に𠮷田恵輔の心がぶっ壊され続けるってことなんですけどもここで肝心なのは𠮷田恵輔の怒りだったり絶望の補先もまた不確かなままってことなんですよでというのもあの娘がいなくなったという状況においてはいろんな可能性がありますよね誘拐かもしれないし事故で海に落ちちゃったかもしれないし誰かに殺されちゃったかもしれないしどこかで生きてるかもしれないしといろんな可能性があってその可能性のパターンごとに怒りのほ先って違うんですよ誘拐や殺人だったらその犯人にほ先が無くし事故なら自分たちや身内に他先がむくしけど生きていたから誰かに感謝しなきゃいけない人娘がいなくなったという状況情報だけでは心のエネルギー保先をどこにどう向けたらいいのかわからないっていう状況が永遠に続くってことなんですよねで話戻してクレーマーが出てくる理由娘の失踪事件との退避ということなんですけどもクレーマーって心のほ先がものすごくはっきりしてると思いませんかもちろんね怒りってのはいろんな要素が絡み合っているのでその場限りのそんな単純ものではないのかもしれませんけどもとにかくヤルと線が品切れで腹が立ったら定員に当たればいいし肩がぶつかったらその相に怒りをぶつければいいとこう心のエネルギーが一直線にまっすぐぶつけられるんですよねでその真逆なのが𠮷田恵輔の状態さっきも言った通り娘がいなくなったという状況において誰に何にどう心のエネルギーを向けたらいいのかまるでわからないしかもその心のエネルギーっていうのは一家性のものではなくて娘への愛っていうほぼ永遠に続く強大なエネルギーでこうヤると線とかね肩がぶつかったとかそんなものと比べ物にならない娘の愛っていう強大なエネルギーで心のエネルギーがずっと消費されているから何かにそのエネルギーをぶつけ続けなければいけないそれがもはやルーティーンと貸したチラシ配りだったりメディア出演だったりホームページでのコメント読みまくりだったりとかとにかく何かにエネルギーをぶつけ続けなければいけないけれどその心のエネルギーに反して結果はまるで結びつかないからこそ心がぶっ壊れていくんですよ

ついでしかもねこの心のエネルギーと結果が結びつかないのって中村智が務めるテレビ曲も同じでこれだけ深い悲しみに打ちしれている𠮷田恵輔の姿があるけどもそれをテレビに移しても視聴率は上がらない結果には結びつかない視聴率が上がるのは有力者の息子が犯罪者だったとかね者が変態だったとかアザが海にやってきたとかどこどこの交差点で事故が起きたとか保先がはっきりしてるもの怒り感情のほ先がはっきりしているものが視聴率を取ってしまう分かりやすいものほど世界は理解しやすいし世界は反応しやすいっていうこう中村智也の抱える苦しさにも通じるものがあるっていうのがこの映画の縦軸落とし所が分からない折り合いがつかないことがあった時の人間の姿っていう縦軸に1本筋が通るという素晴らしいキャラ配置というかま構成というか

よくある質問Q&A:「映画『ミッシング』解説レビュー」

Q1: 映画『ミッシング』で何が起こるのですか?

映画『ミッシング』は、6歳の娘が失踪し、その事件を巡って夫婦やマスコミ、周囲の関係者が落とし所を探し続けるストーリーです。

Q2: なぜ映画『ミッシング』には何度もクレーマーが出てくるのですか?

映画『ミッシング』に何度もクレーマーが出てくる理由は、娘の失踪事件との対比を通じて、心のエネルギーの行き場の不確かさを表現しているためです。

Q3: クレーマーが何度も出てくることと、石原里の心の状態にはどんな関係があるのですか?

クレーマーが何度も出てくることと、石原里の心の状態には、娘の失踪による心のエネルギーの行き場の不確かさと、結果との結びつきのなさが関係しています。

動画:【解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると鳥肌…なぜクレーマーが何度も出てくるのか|石原さとみ×𠮷田恵輔×青木崇高×中村倫也【ネタバレ考察】

動画の概要欄

レビュー① 解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると鳥肌…なぜクレーマーが何度も出てくるのか レビュー② 解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると胸糞すぎ…なぜ同じ行動をしたのか ____________________ #ミッシング missing 監督 𠮷田恵輔 脚本 𠮷田恵輔 製作 大瀧亮 長井龍 古賀奏一郎 出演者 #石原さとみ 青木崇高 森優作 有田麗未 小野花梨 小松和重 細川岳 カトウシンスケ 山本直寛 柳憂怜 美保純 #中村倫也 世武裕子 撮影 志田貴之 編集 下田悠 制作会社 SS工房 製作会社 「missing」Film Partners 配給 ワーナー・ブラザース映画 公開 日本 2024年5月17日(予定) 上映時間 119分 製作国 日本 言語 日本語 『ミッシング』は、2024年5月17日に公開予定の日本の映画[1]。監督は𠮷田恵輔、主演は石原さとみ[2]。 娘の失踪事件をきっかけに、情報の荒波に巻き込まれ、翻弄されていく母親とその家族たちの姿が描かれる。 _______________________________________ _______________________________________ ★チャンネル内の人気動画★ ま、まさかあのシーンにこんな意味が・・!? 『花束みたいな恋をした』解説レビュー 2人の泣いてる理由が違う 『パラサイト半地下の家族』解説レビュー 格差批判の映画ではない 『天気の子』解説レビュー 須賀はなぜ窓を開けたのか? ______________________________________________________ 【驚愕衝撃】 マニアックどんでん返し映画ランキング! ネタバレ無し【おすすめ映画】 _______________________________________ BGMは 「騒のない世界」を使用 _______________________________________

引用:【解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると鳥肌…なぜクレーマーが何度も出てくるのか|石原さとみ×𠮷田恵輔×青木崇高×中村倫也【ネタバレ考察】/1分映画批評(https://www.youtube.com/watch?v=Qqw2BhlAiCU)

まとめ:「映画『ミッシング』解説レビュー」

石原さとみ主演の映画『ミッシング』を視聴しました。6歳の娘が失踪する事件を巡って描かれた作品で、クレーマーが何度も登場する点に注目しました。クレーマーが何度も出てくる理由は、娘の失踪事件との葛藤を表現していると感じました。石原さとみ演じる主人公の心のエネルギーが消費される中、クレーマーたちは心のほ先がはっきりしているという点が興味深かったです。映画のテーマやキャラクターの構成が素晴らしく、吉田啓介監督のシリアスとコメディのバランス感覚も素晴らしいと感じました。結末まで見入ってしまい、非常に重いテーマを扱いながらも見応えのある作品だったと思います。

出典:【解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると鳥肌…なぜクレーマーが何度も出てくるのか|石原さとみ×𠮷田恵輔×青木崇高×中村倫也【ネタバレ考察】/1分映画批評(https://www.youtube.com/watch?v=Qqw2BhlAiCU)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次