MENU

【映画レビュー】『ミッシング』の意味を解説!同じ行動を取った理由とは?|石原さとみ×𠮷田恵輔×青木崇高×中村倫也【ネタバレあり】

【解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると胸糞すぎ…なぜ同じ行動をしたのか|石原さとみ×𠮷田恵輔×青木崇高×中村倫也【ネタバレ考察】

映画『ミッシング』は、石原さとみ、𠮷田恵輔、青木崇高、中村倫也が出演する作品で、同じ行動を取る人々の心理や背景に迫るサスペンス作品です。本記事では、作品の意味やストーリーについてネタバレを含めて考察していきます。

要約
  • 石原さとみ主演の映画『ミッシング』の続編で、中村倫也と青木崇高が同じ行動をする
  • 映画では娘の失踪や事故、生存の可能性など不確かな状況が母親の心を壊す
  • 中村倫也と青木崇高がガラス越しに呪いの言葉を叫ぶシーンに共通点がある
  • 石原さとみの役は心のエネルギーを散らし配り、中村倫也と青木崇高はエネルギーを何かに向けることができない
  • 2人のやり場のない怒りや絶望が爆発し、ガラス越しの呪いの言葉となる

詳しくは動画でご覧ください

目次

石原さとみについて

石原さとみは、心のエネルギーを散らし配ることで自分の心の壊れを防いでいるようです。しかし、中村智也や森優作のようにエネルギーを何かに向けることができないという違いが見られます。

石原さとみはテレビを通じて自分の苦しみや悲しみを伝えようとしても、上司や視聴者に届かず、無力さを感じています。一方、森優作は姉の娘を返せなかった後悔や弱さに苦しみ、希望をほぼ失っています。

このように、石原さとみと中村智也、森優作の間にはやり場のない怒りや悲しみ、絶望が共通して存在し、それがガラス越しの呪いの言葉として表れているのかもしれません。

中村倫也について

中村倫也は、テレビマンとして娘の失踪事件を報道する中で、自分の無力さや後悔、希望の欠如に苦しんでいます。姉の娘を返せなかった過去の後悔や、誘拐されたら戻ってくるかもしれないというほぼゼロの希望に苦しんでいます。

このような状況下で、中村倫也はやり場のない怒りや悲しみ、絶望を抱えながらも、自分が救える可能性があるかもしれないという微かな希望に囚われているようです。

中村倫也の内面の葛藤や苦悩が、ガラス越しの呪いの言葉として表現されているのかもしれません。

𠮷田恵輔について

𠮷田恵輔は、姉の娘を返せなかった後悔や、自分の弱さや適当さに苦しんでいます。過去の自分と現在の自分を比較し、誘拐されたら戻ってくるかもしれない微かな希望に囚われています。

このような状況下で、𠮷田恵輔はやり場のない怒りや悲しみ、絶望を抱えながらも、自分が救える可能性があるかもしれないという微かな希望に囚われているようです。

𠮷田恵輔の内面の葛藤や苦悩が、ガラス越しの呪いの言葉として表現されているのかもしれません。

よくある質問Q&A:『ミッシング』解説レビュー【ネタバレ考察】

Q1: 映画『ミッシング』で中村智演じるテレビマンと森勇作演じる沙織の弟が同じ行動をするシーンについて何が考察されていますか?

中村智と森それぞれがガラス越しに叫ぶシーンでは、やり場のない心のエネルギーの爆発が共通点として考察されています。石原里は心のエネルギーを散らし配る一方で、中村智也と森優作はエネルギーを何かに向けることができないという違いが指摘されています。

Q2: テレビマンと弟がガラス越しに呪いの言葉を吐くシーンについて、どのような心情が描かれていますか?

テレビマンの中村智也は、娘の失踪に関する苦しみや悲しみをテレビを通じて伝えようとするも、上司や視聴者に届かず、無力感や絶望を呪う姿が描かれています。一方、弟の森優作は後悔や希望のなさ、自分の弱さに苦しみながらも、姉の娘を取り戻すことのできない無力さを感じています。

Q3: 映画『ミッシング』におけるテーマやメッセージは何でしょうか?

映画『ミッシング』では、やり場のない怒りや悲しみ、苦しみ、絶望などの感情が描かれており、それらが爆発してガラス越しに呪いの言葉として表現されています。作品を通じて、救いのない状況や無力感、希望のなさなど、人間の複雑な心情が描かれています。

動画:【解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると胸糞すぎ…なぜ同じ行動をしたのか|石原さとみ×𠮷田恵輔×青木崇高×中村倫也【ネタバレ考察】

動画の概要欄

レビュー① 解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると鳥肌…なぜクレーマーが何度も出てくるのか レビュー② 解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると胸糞すぎ…なぜ同じ行動をしたのか ____________________ #ミッシング missing 監督 𠮷田恵輔 脚本 𠮷田恵輔 製作 大瀧亮 長井龍 古賀奏一郎 出演者 #石原さとみ 青木崇高 森優作 有田麗未 小野花梨 小松和重 細川岳 カトウシンスケ 山本直寛 柳憂怜 美保純 #中村倫也 世武裕子 撮影 志田貴之 編集 下田悠 制作会社 SS工房 製作会社 「missing」Film Partners 配給 ワーナー・ブラザース映画 公開 日本 2024年5月17日(予定) 上映時間 119分 製作国 日本 言語 日本語 『ミッシング』は、2024年5月17日に公開予定の日本の映画[1]。監督は𠮷田恵輔、主演は石原さとみ[2]。 娘の失踪事件をきっかけに、情報の荒波に巻き込まれ、翻弄されていく母親とその家族たちの姿が描かれる。 _______________________________________ _______________________________________ ★チャンネル内の人気動画★ ま、まさかあのシーンにこんな意味が・・!? 『花束みたいな恋をした』解説レビュー 2人の泣いてる理由が違う 『パラサイト半地下の家族』解説レビュー 格差批判の映画ではない 『天気の子』解説レビュー 須賀はなぜ窓を開けたのか? ______________________________________________________ 【驚愕衝撃】 マニアックどんでん返し映画ランキング! ネタバレ無し【おすすめ映画】 _______________________________________ BGMは 「騒のない世界」を使用 _______________________________________

引用:【解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると胸糞すぎ…なぜ同じ行動をしたのか|石原さとみ×𠮷田恵輔×青木崇高×中村倫也【ネタバレ考察】/1分映画批評(https://www.youtube.com/watch?v=vuzxMBoRG80)

まとめ:『ミッシング』解説レビュー【ネタバレ考察】

石原さとみ主演の映画『ミッシング』の解説レビューを視聴しました。中村倫也と青木崇高が演じる2人が同じ行動をするシーンについて、やり場のない怒りや悲しみ、絶望が胸に迫る内容であることが分かりました。作品全体を通して、心のエネルギーをどう向けるか、どうぶつけるかというテーマが描かれているようで、深い考察がされていると感じました。石原さとみの演技も素晴らしく、2024年の最高傑作と評価される理由がよく分かりました。興味深い内容で、是非映画を観てみたいと思いました。

出典:【解説レビュー】映画『ミッシング』意味がわかると胸糞すぎ…なぜ同じ行動をしたのか|石原さとみ×𠮷田恵輔×青木崇高×中村倫也【ネタバレ考察】/1分映画批評(https://www.youtube.com/watch?v=vuzxMBoRG80)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次