MENU

大物女優からの一言に言葉を失う可愛かずみ

可愛かずみの“枕営業”相手の大物芸能人…自ら“この世をさった”原因と言われる大物女優からの一言に言葉を失う…「車椅子の弁護士水島威」でも有名な女優が残した“遺書”の内容に言葉を失う…

大物女優が残した“遺書”の内容に言葉を失う事件が起こりました。彼女は自ら“この世を去った”原因と言われる大物芸能人との“枕営業”が明るみに出たことで、衝撃を与えました。さらに、車椅子の弁護士としても有名な水島威との関係も明らかになり、世間を騒がせています。

要約
  • 可愛和さんの結婚直前の謎の投稿で、27年前の出来事が思い出される
  • 川上舞子さんが川井和さんを忍んでいる
  • 川井和さんが自殺した原因として、プロ野球選や薬物依存などが挙げられる
  • 川井和さんと川崎健治郎選の交際が報じられ、破局後に志村健さんとの2ショット写真が掲載される
  • 川井和さんの自殺後、親友の川上舞子さんが遺書の内容を明かし、感動を呼んでいる

詳しくは動画でご覧ください

目次

川上舞子

可愛かずみの結婚直前の謎の投稿で新たに当時のことが思い出されます。5月9日時が経つほど寂しさは募ります。ずっと共に12日までに今はなき川井かさんとの2ショットを自身のInstagramに公開した女優の川上舞子さん。

川井かさんが1997年5月9日に32歳の若さでこの世を去ってから27年が経ちました。川上舞子さんは親しかった川井かさんを改めて忍んでいます。川井かさんが亡くなった5月9日のその時間、ある人はちょうど川井かさんが所属していた芸能プロダクションの社長と電話で話をしていたところだったそうです。

途中で社長が突然「本田さん、今かいが」と叫んで電話が切られたことを今でも鮮明に覚えていると言います。亡くなった2ヶ月後に当時自動車販売会社社長と七夕に結婚する予定だった川井かさん。川井かさんはウェディングドレスを着るのをしみにしていたと聞いています。

川井和

川井和さんが特に興味がなかった芸能界入りしたのは高校時代にスカウトされたのがきっかけだったそうです。1982年に公開された日活ロマンポルの映画『セーラー服と機関銃』で女優デビューしました。ロマンポルの出演は本位でなかったことから、ポルの映画出演はこの1本のみとなっています。

その後は脱ぐ仕事はしたくないと事務所を移籍し、テレビとの作品がテレビドラマデビューとなっています。キュートなマスクと抜群のプロポーションでグラビアでブレークした川井さんはポルノ女優と呼ばれることを嫌がり、ドラマやバラエティに進出し歌としても活躍しました。

当時川井かさんは川上舞子さんが暮らしていた港区の同じマンションに住んでいたと言われています。近所に引っ越してきた志村健も親しくなり、3人でアルコール10番で飲む姿が頻繁に目撃されるようになったと言います。

川崎健治郎

川崎健治郎さんへの未練も当然考えられるでしょう。わざわざ川崎健治郎さんのマンションで自殺しているわけですから、当て付けだと考えることもできるわけです。他にも婚約者と揉めていたというのも理由の1つかもしれません。しかし、少なくとも明さまさんが原因とする説については俺たち表金属で共演はしていますが、交際の事実はなかったようですので全くの噂と捉えられています。

川上舞子さんの言っていたように、複数の理由が重なったのが真実なのではないでしょうか。すなわち、仕事のストレス、川崎健治郎さんとの破局、マスコミのゴシップ、薬の依存症、世間の噂、婚約者とのトラブルなどが重なり、彼女にとっては生きていけないほど苦しんでいたのかもしれません。

結局のところ、理由が本人にしか分からないし、本人にも分からないかもしれません。いかがだったでしょうか。今回は川井かさんについて調べてきました。実は数年後、この事件について新たな情報が分かっています。川井かさんが亡くなった当初、衣装があるとは報道されていませんでしたが、彼女が亡くなって17年後の2014年に父親のク武三郎さん宛てに衣装を残していたことが明らかになりました。

よくある質問Q&A:大物女優の衝撃遺書

Q: 川井和さんの芸能活動について教えてください。

川井和さんは1982年に日活ロマンポルの映画で女優デビューし、その後はテレビドラマやバラエティ番組にも出演していました。グラビアで活躍し、ポルノ女優と呼ばれることを嫌がり、幅広いジャンルで活動していました。

Q: 川井和さんの親友や交際相について教えてください。

川井和さんの親友には川上舞子さんや志村健さんなどがおり、特に川上舞子さんとは親友同然の関係でした。また、川井和さんはプロ野球選の川崎健治郎さんと交際していましたが、破局後に志村健さんとの2ショット写真が報じられました。

Q: 川井和さんの自殺について詳細を教えてください。

川井和さんは1997年5月9日に自殺しました。自殺の原因は複数の要因が重なっていたとされており、仕事のストレスや恋愛トラブル、薬物依存症などが挙げられています。自殺直前には親友の川上舞子さんにメモを残し、最後の言葉を伝えていました。

動画:可愛かずみの“枕営業”相の大物芸能人…自ら“この世をさった”原因と言われる大物女優からの一言に言葉を失う…「車椅子の弁護士水島威」でも有名な女優が残した“遺書”の内容に言葉を失う…

動画の概要欄

みなさんこんにちは。 ハイカラビデオでは“昭和”のアイドル、俳優、女優などの 懐かしい情報や現在の姿など有意義な情報を発信していきます。 日本の女優として活躍した可愛かずみさんについてお話しします。 彼女が“枕営業”を行ったとされる大物芸能人、 そして自らこの世を去る原因と言われる大物女優からの一言に言葉を失うばかりです。 さらに、「車椅子の弁護士水島威」でも有名な彼女が残した“遺書”の内容についても詳しくご紹介します。 これらの衝撃的な出来事が彼女の人生やキャリアにどのような影響を与えたのか、 徹底的に解明します。ファンならずとも見逃せない真実をお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください。 #可愛かずみ #大物芸能人 #大物女優 #車椅子の弁護士水島威 #日本の女優

引用:可愛かずみの“枕営業”相の大物芸能人…自ら“この世をさった”原因と言われる大物女優からの一言に言葉を失う…「車椅子の弁護士水島威」でも有名な女優が残した“遺書”の内容に言葉を失う…/ハイカラビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=uZjMXbxlbFA)

まとめ:大物女優の衝撃遺書

川井和子さんの人生についての動画を視聴しました。彼女の若すぎる自殺についての悲しい事実や、プロ野球選との破局、精神的な苦しみなど、様々な要因が重なっていたことが分かりました。特に親友の川上舞子さんとの関係や、最後のメモに残された言葉が胸を打つ内容でした。川井和子さんの悲劇について、改めて考えさせられる動画でした。

出典:可愛かずみの“枕営業”相の大物芸能人…自ら“この世をさった”原因と言われる大物女優からの一言に言葉を失う…「車椅子の弁護士水島威」でも有名な女優が残した“遺書”の内容に言葉を失う…/ハイカラビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=uZjMXbxlbFA)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次