MENU

紀子さまと警察の対立、秋篠宮文仁親王の一夫多妻の真相

紀子さまが警察と対立している真相..."宮内庁警備"担当の警察が逃亡する程の奴隷発言に恐怖した...夫・秋篠宮文仁親王が海外で実はもう一つの家族を養う一夫多妻の真相に言葉を失う...

紀子さまが警察と対立している真相が明らかになりました。宮内庁警備を担当する警察が奴隷発言をしたことにより、紀子さまは恐怖を感じています。さらに、夫である秋篠宮文仁親王が海外で実はもう一つの家族を養う一夫多妻の事実が発覚し、紀子さまは言葉を失っています。

要約
  • 秋篠宮文仁親王が警察と対立している真相
  • 宮内庁警備担当の警察が逃亡する程の奴隷発言に恐怖した
  • 秋篠宮文仁親王が海外で実はもう一つの家族を養う一夫多妻の真相に言葉を失う
  • 宮子様が金沢市内の公民館で避難者や子供たちと交流
  • 警察と宮内庁の溝が深まり、警備体制に関する問題が浮上

詳しくは動画でご覧ください

目次

秋篠宮文仁親王

皆さんこんにちは。今回は秋篠宮文仁親王の衝撃的な内幕についてお話ししたいと思います。1月の内町人事で秋篠宮文仁親王から初めて警察町出者が消えました。これまで宮からは目立たぬように警備をと重様からは職員が不を買うなど対応に苦悩してきました。

そんな中、警察幹部が思いを開いたのです。君は靴紐をうまく結べないけどを動かすのが好きなミちゃんが助けてくれる。4月26日の昼過ぎ、秋篠宮文仁親王の姿は金沢市内の公民館の一にありました。半島自身で災し故郷を逃れた妊婦たがを寄せる小さな2次避難所だったのです。

体調不良を抱える秋篠宮文仁親王は避難者や子供たちが過ごす部屋を訪れ自賛した六殺の絵本をに取りマットに膝をつかれました。2歳から小学3年生までの子供も4人ほど集まり穏やかな声の読み聞かせに聞き入ったのだとか。明宮殿下は4月18日に石川県穴の被災地を訪問されましたが、様はそこには同されずのにで石川県を訪問されたのです。

宮内庁警備

この日は避難所の他自身が総裁を務める結核予防会の石川県部などを訪問されました。ご夫妻は被災地に心を寄せ勢力的にご活動を続けておられます。ところが、そんな秋篠宮文仁親王に今ある異変が起きているのです。1月25日付けの人事で宮を支える職務官のがをえて職となりましたは警察庁から出行してきた職員だったので関通りであれば公認も警察長出身の職員になるはずでした。

ところが翌日に務館に就任したB氏は外務省からの出行者だったのです。19年5月のお変わりに伴い講師となられた秋五家を支えるために新設された職ではこれまで必ず警察長出の務官がれていました。それが初めてゼになったのです。皇室担当記者一体何が起きているのか警察官部が思いを開きました。

前々からタイミングを伺っていたんです。もう警察庁から人は出さない表し警備を好まずソフト警備を望んでこられた秋篠宮文仁親王好順位第1位の宮第2位の様がおられるだからこそ警備を一層厚くしたい警察。これまでも両者の意行はしばしばすれ違いを見せてきました。

きこ様

前室の秋明関係者が語ります。秋篠宮文仁親王のソフト警備の一例が信号の操作です。天皇陛下の交代使時代には車での移動の際に信号を青に変えて停車することがないようにしてきました。しかし、明宮様は講師になられてからもそうした捜査をしないよう要望されています。ご訪問先を警備する警察官についても制服を着た警察官が体制配備されている状況を好まれず目立たぬようにと望まれているのです。

それは一重に自分たちの活動が国民生活に影響を及ぼさないようにというお気持ちからなのです。だが、警備の簡素化はリスクの増加と表裏一体です。ある関西地方の警察署幹部はこう測します。駅前広場など交通が大留する場所でご夫妻の車が止まると必ず安倍晋三元首相の銃撃事件を思い出し冷汗を書きます。長く停車するほど危険度が上がりますから小さな事故や少しの想定外でも何人もの首が飛ぶのが皇族の警備です。

警察にとっては感のご要望で帰って負担が増しているのです。ごが民生活に配慮すればするほど警察の負担は増していきます。両者の溝は深まり警察側からの不満の声は膨らんでいったのです。この警察署幹部が複雑な心境を明かします。警備は簡素で良いという5認識もあってか天皇合陛下に比べて宮様や子様の地方訪問は直前に決まることが多いのです。

よくある質問Q&A:「紀子さまと秋篠宮文仁親王の衝撃事実」

Q: 紀子さまが警察と対立している真相は何ですか?

紀子さまが警察と対立している真相は、警察との間で警備のあり方やコミュニケーションに関する意見のすれ違いが生じており、警察側からの不満や困惑が蓄積されていることが挙げられます。

Q: 秋篠宮文仁親王が海外で実はもう一つの家族を養う一夫多妻の真相は?

秋篠宮文仁親王が海外で実はもう一つの家族を養う一夫多妻の真相については、疑惑が浮上しており、愛人がいてその間に隠し子がいるという話があります。もし本当であれば、その子は久人様の兄に当たり、宮様がその隠し子を認知しており、愛子よりも偉いとまで言い放ったとされています。

Q: 紀子さまの厳しい指導によって職員の離職が止まらない理由は何ですか?

紀子さまの厳しい指導によって職員の離職が止まらない理由は、朝礼などでの厳しい指導や細かい報告の求めにより、職員が疲弊してしまい、精神的に参ってしまうことが挙げられます。職員は厳しい言葉や厳しい姿勢に耐えかねて退職するケースも多く、人不足が深刻な状況になっています。

動画:紀子さまが警察と対立している真相…”宮内庁警備”担当の警察が逃亡する程の奴隷発言に恐怖した…夫・秋篠宮文仁親王が海外で実はもう一つの家族を養う一夫多妻の真相に言葉を失う…

動画の概要欄

推しの故をご覧いただきありがとうございます★ 昔から好きで好きで堪らない昭和の有名人を紹介します★ このチャンネルで新たな推しに出会えるかも♡ 今回紹介するのは、紀子さま♡ 文仁親王妃紀子は、日本の皇族。 皇嗣・秋篠宮文仁親王の妃。 旧名は川嶋 紀子。身位は親王妃。敬称は殿下。 お印は檜扇菖蒲。勲等は勲一等宝冠章。皇室会議予備議員。 現在、最年少の親王妃である。 #推しの故 #紀子さま #紀子さま不倫

引用:紀子さまが警察と対立している真相…”宮内庁警備”担当の警察が逃亡する程の奴隷発言に恐怖した…夫・秋篠宮文仁親王が海外で実はもう一つの家族を養う一夫多妻の真相に言葉を失う…/推しの故(https://www.youtube.com/watch?v=rU8AJqz0qoA)

まとめ:「紀子さまと秋篠宮文仁親王の衝撃事実」

紀子様が警察と対立している真相についての動画を視聴しました。宮内庁警備担当の警察が逃亡する程の奴隷発言に恐怖しました。また、夫である秋篠宮文仁親王が海外で実はもう一つの家族を養う一夫多妻の真相に言葉を失いました。警察との溝が深まり、警備体制にも不安があるようです。また、職員の離職が止まらず、きこ様の厳しい指導により職員が疲弊している状況が明らかにされています。皇族法の真相が闇の中にあるという点も気になりました。深刻な状況が続いている中、今後の展開が気になります。

出典:紀子さまが警察と対立している真相…”宮内庁警備”担当の警察が逃亡する程の奴隷発言に恐怖した…夫・秋篠宮文仁親王が海外で実はもう一つの家族を養う一夫多妻の真相に言葉を失う…/推しの故(https://www.youtube.com/watch?v=rU8AJqz0qoA)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次