MENU

円谷幸吉の自殺と遺言:愛する人に裏切られた晩年

円谷幸吉の自殺理由...残した遺言に言葉を失う...『1964年東京五輪男子マラソン』銀メダリストの愛する人に裏切られた晩年...戦い続けた難病に涙が零れ落ちた...

円谷幸吉の自殺理由は、彼が残した遺言によって明らかになります。1964年に東京五輪男子マラソンで銀メダルを獲得した円谷幸吉は、晩年に愛する人に裏切られたことや難病との闘いに苦しんでいました。その苦しみから涙が零れ落ちる中、彼は自らの命を絶ったのです。

要約
  • 高吉さんのプロフィール
  • 高吉さんの競技成績とオリンピックでの活躍
  • 高吉さんの愛する人との関係について
  • 高吉さんの自殺と遺言の内容
  • 高吉さんの遺族と元上司との名誉毀損訴訟

詳しくは動画でご覧ください

目次

高吉のプロフィール

高吉青年は1940年5月13日に福島県岩瀬軍須川町で生まれました。身長163cm、体重55kg、足のサイズは27cm、血液型はB型です。趣味はスポーツ、食べること、レコード収集、散歩で、尊敬する人は漁師の父親です。

幼少期に腰を強打してしまい、腰骨にズレが生じたことが後年の腰痛や病気の遠因となりました。高校卒業後、陸上自衛隊に入隊し、陸上競技の実績が認められて駐屯地で陸上部を立ち上げました。

1964年の東京五輪では男子マラソンで銀メダルを獲得し、日本陸上会を救ったとまで言われました。競技終了後、メキシコ五輪でさらに上を目指すと宣言しましたが、その後の出来事が彼の人生に影響を与えることになります。

高吉の交際と自殺

高吉は交際していた女性と結婚を考えていましたが、女性からの一方的な挙式の要求やプロポーズのない状況に違和感を覚えていました。1968年、メキシコシティ五輪の開催年に自衛隊体育学校で自殺し、遺書には家族や交際相への感謝の言葉が残されていました。

自殺の原因には様々な要因が絡んでおり、遺族や関係者に多くの涙をもたらしました。自殺報道により、元上司の遺族が名誉毀損で損害賠償を求める訴訟を起こしました。事件の真相や高吉の心情については謎が残されています。

高吉の自殺はスポーツ界に大きな衝撃を与え、彼の遺族や関係者に深い悲しみをもたらしました。彼の人生や功績を振り返ると同時に、彼が抱えた苦悩や遺言に思いを馳せることが重要です。

高吉の遺族と裁判

元上司の遺族が名誉毀損で損害賠償を求める訴訟を起こしたことで、高吉の自殺に関する諸問題が再び表面化しました。訴訟を通じて、高吉の死の真相や遺族への影響が明らかになることが期待されています。

裁判を通じて、個人の名誉や遺族の権利を守ることが重要であり、遺族や関係者の負担を最小限に抑える配慮が必要です。高吉の功績や人間性を称えつつ、彼の死にまつわる謎や問題に真摯に向き合うことが求められています。

高吉の遺族や関係者にとって、裁判や報道は過去の傷を再び引き裂くこともありますが、真実を明らかにすることで彼の名誉を回復し、遺族の心に平穏をもたらすことができるかもしれません。

よくある質問Q&A:円谷幸吉の自殺と遺言

Q: つや高吉さんのプロフィールは?

名前:つや高吉
生年月日:1940年5月13日
身長:163cm
体重:55kg
足サイズ:27cm
血液型:B型
趣味:スポーツ、食べること、レコード収集、散歩
尊敬する人:漁師福島県岩瀬軍須川町に生まれた父、兄弟の末っ子として育つ
成長:電気や山を持つ農家で育つ。太平洋戦争末期に腰を強打し、後に腰痛や病気の遠因となる。

Q: つや高吉さんはどのような経歴を持っているか?

高校卒業後、1959年春に陸上自衛隊へ入隊し、1961年11月の青森東京駅伝などに出場。1964年東京五輪では男子マラソンで銀メダルを獲得し、日本陸上会を救ったと言われる。

Q: つや高吉さんの自殺理由は何か?

1968年に自殺したつや高吉さんは、自衛隊体育学校宿舎で自殺。遺書には家族への感謝や謝罪の言葉が残されており、複数の要因が組み合わさって突発的な自殺だったと考えられている。

Q: つや高吉さんの自殺に関する訴訟が起こされた理由は?

元上司の遺族が、つや高吉さんを自殺に追い込んだと名指しした雑誌記事に対し、名誉毀損で1100万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて訴訟を起こした。訴訟の目的は池友さんの名誉回復であると主張されている。

動画:円谷幸吉の自殺理由…残した遺言に言葉を失う…『1964年東京五輪男子マラソン』銀メダリストの愛する人に裏切られた晩年…戦い続けた難病に涙が零れ落ちた…

動画の概要欄

みなさん、昭和ロードショーのお時間です🎞 今回の上映する人物は、円谷幸吉さん。 1964年東京五輪男子マラソンの 銅メダリスト故円谷幸吉さん。 「日本でいちばん有名な遺言を遺した。」 と言われていた円谷幸吉さん。 そんな円谷幸吉さんの晩年について紹介します。

引用:円谷幸吉の自殺理由…残した遺言に言葉を失う…『1964年東京五輪男子マラソン』銀メダリストの愛する人に裏切られた晩年…戦い続けた難病に涙が零れ落ちた…/昭和ロードショー(https://www.youtube.com/watch?v=ESAvHWB2jLo)

まとめ:円谷幸吉の自殺と遺言

つや高吉さんの人生は多くの困難に立ち向かいながらも、東京五輪での銀メダル獲得という偉業を成し遂げました。しかし、愛する人に裏切られたことや難病との闘いに苦しんだ晩年、そして突然の自殺という悲劇が彼の人生に影を落としました。彼の遺言には、家族や愛する人への思いが込められており、その死の真相については諸説があります。彼のご遺族には心からの哀悼の意を捧げます。

出典:円谷幸吉の自殺理由…残した遺言に言葉を失う…『1964年東京五輪男子マラソン』銀メダリストの愛する人に裏切られた晩年…戦い続けた難病に涙が零れ落ちた…/昭和ロードショー(https://www.youtube.com/watch?v=ESAvHWB2jLo)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次