MENU

増田恵子がNHKから受けたいじめにより敗訴した裁判の真相 ピンク・レディーのアイドルが開腹手術後即コンサートを行った驚きの実態

増田恵子が“敗訴”した“裁判”の原因…NHKから受けた“い●め”の内容に言葉を失う…「ピンク・レディー」として活躍したアイドルの“開腹手術”後即コンサートの実態に驚きを隠せない…

[] 皆さんこんにちは元ピンクレディの増田敬子さんが2016年1月22日、カンテレのバラエティ番組解決エミチャンネルに出演しました。その番組内であるエピソードを披露しました。是非最後までご覧いただきコメントいただけると嬉しいです。NHの紅白歌合戦を辞退したところ、その後同局の別の番組に出演するために行くと屋が物置きのような部屋に変わったことを明かしました。あまりのことでショックで泣いたと言います。増田敬子さんはピンクレディ時代の1978年にレコード対象をいいて普通はそのまま紅白に出るんですけど辞退したんですと振り返りました。真相は事務所が辞退したと言います。事態の理由を述べるために記者会見をやらなくちゃいけなくなってと増田敬子さんは述べました。辞退したら大変なことになるっていうのは分かっていたんですけどと当時の心境を語りました。その後ピンクレディは解散します。増田敬子さんはソロデビューし、シンガーソングライターの中島美さんが作ったスズメが大ヒットしました。NHKから歌番組に出てくださいと依頼があったと言います。増田さんが同局に行くと普段あるはずの場所に増田敬子さんの屋がなかったと言います。ようやく見つけるとそこは小さい部屋でピアノが1台。増田敬子さんはお化粧するところがなかったと述べました。物置きみたいな部屋だったそうでびっくりしてまだ若かったのでショックで泣いたこういうことなんだ紅白をけるっていうことはとしみじみと語りました。MCの上沼恵子さんはNH刑はわだかまりを持っていたんですねと聞き入っていたそうです。ピンクネディに関しては他にもトラブルがあります。2012年2月のことです、雑誌記事で写真を無断で使われパブリシティ権を侵害されたとして歌のピンクレディの2人が発行もの公文社に損害賠償を求めた訴訟の上告新判決が最高裁でありました。…(続く)

要約
  • 増田恵子がNHKの屋でショックを受ける
  • ピンク・レディーが紅白歌合戦を辞退
  • 増田恵子が術後にコンサートを行う
  • ピンク・レディーがパブリシティ権侵害訴訟で敗訴
  • 増田恵子が猫との愛情深いエピソードを語る

詳しくは動画でご覧ください

目次

増田敬子

皆さんこんにちは元ピンクレディの増田 けい子さんが2016年1月22日 カンテレのバラエティ番組解決エミ チャンネルに出演しましたその番組内で あるエピソードを披露しました是非最後 までご覧いただきコメントいただけると 嬉しいですNHの紅白歌合戦を辞退した ところその後同局の別の番組に出演する ために行くと屋が物置きのような部屋に 変わったことを明かしましたあまりのこと でショックで泣いたと言います増田敬子 さんはピンクレディ時代の1978年に レコード対象をいいて普通はそのまま紅白 に出るんですけど辞退したんですと 振り返りました真相は事務所が辞退したと 言います事態の理由を述べるために記者 会見をやらなくちゃいけなくなってと増田 敬子さんは述べました辞退したら大変な ことになるっていうのは分かっていたん ですけどと当時の心境を語りましたその後 ピンクレディは解散します増田敬子さんは ソロデビューしシンガーソングライターの 中島美さんが作ったスズメが大ヒットし ましたNHKから歌番組に出てくださいと 依頼があったと言います増田さんが同局に 行くと普段あるはずの場所に増田敬子さん の屋がなかったと言いますようやく 見つけるとそこは小さい部屋でピアノが1 台増田敬子さんはお化粧するところが なかったと述べました物置きみたいな部屋 だったそうでびっくりしてまだ若かったの でショックで泣いたこういうことなんだ 紅白をけるっていうことはとしみじみと 語りましたMCの上沼恵子さんはNH刑は わだかまりを持っていたんですねと 聞き入っていたそうですピンクネディに 関しては他にもトラブルがあります

中島美

2012年2月のことです雑誌記事で写真 を無断で使われパブリシティ権を侵害され たとして歌のピンクレディの2人が発行 もの公文社に損害賠償を求めた訴訟の上告 新判決が最高裁でありました第1小方廷は パブリシティ権が法的権利であることを 初めて明確に認めましたその上で正当な 表現行為に使うのは侵害に当たらないとし て記事についてピンクネディの顧客吸引力 の利用が目的ではなかったと判断しました そして請求を知りとけた一心判決を指示し 原告側上告を棄却しました原告側配送が 確定した出来事がありました5人の裁判官 の全員一致だったそうです著名人が使命や 肖像を無断で使われない権利とされる パブリシティ権には明確な法的位置づけが ありません火九心では一定範囲で権利を 認める判例が出ていたのですが最高裁が 判断するのは初めてで判決内容が注目され ていました問題となったのはペッパー警部 などの振り付けを真似るダイエット法を 写真を交えて紹介した女性自身の記事でし たピンクネディでダイエットの見出しで 14枚のモノクロ写真が使われたのです同 は判決理由でパブリシティ権を商業的価値 に基づく人格権の1つで顧客吸引力を排的 に利用する権利と初めて定義しています 法的権利であることを明言しました パブリシティ検侵害になる具体的ケースと して肖像それ自体を干渉対象とする商品に 使う商品の差別化に使う商品の広告として 使うなどを挙げていますその上でもっぱら 顧客吸引力の用を目的とする場合と説明し ていますグラビアやキャラクター商品など は侵害に当たるとの判断を示しました一方 著名人は社会の地目を集めやすく報道や 捜索物など正当な表現行為で使命や肖像を 使われるのは一定程度受任すべきだとも 指摘しています

増田敬子

さて 増田敬子さんが2020年3月21日放送 の日本テレビ系有吉大反省会に出演しまし たその番組内で幕園の術後にお腹の傷が 開いたままラップを巻いてコンサートを 行った過去を明かしました 人気絶頂期忙しすぎて移動時間もなく ヘリコプターでの移動も何度か経験したと いう増田稽古さん1番覚えていることとし て激しい原板によりテレビ局の怪談で倒れ てしまった事件をあげました搬送先の病院 では腹膜園と診断を受けすぐに回復術を 行う必要があると告げられたそうですが 10日後にコンサートを控えていたため 終わってからにしてくださいと懇願した そうです 意思に拒否されてすぐさま術となった そうですが想定以上に腹の中に海が回って いたために保合ができず術後は10cm くらいお腹が開いたままの状態だったと 言いますさらに増田敬子さんは2週間の 入院が必要なところを1週間足らずで強引 に退院したそうです退院2日後にお腹が 開いたままラップをお腹に巻いて武道館の ステージに立って2時間のコンサートを 無事にと明しスタジオを驚かせました そんな増田敬子さんが語る愛ADVそして 家族との感動エピソードについて語った ことがあります

よくある質問Q&A:増田恵子、NHKからのいじめに敗訴 ピンク・レディーの開腹術後コンサート驚き

Q: 増田恵子がNHKから受けたいじめの内容は何だったのか?

A: NHKからのいじめの内容は、紅白歌合戦を辞退した後に別の番組に出演するために屋が物置きのような部屋に変わったことや、歌番組に出演する際に屋がなかったり、お化粧する場所がなかったりといった状況でした。

Q: 増田恵子がピンク・レディーとして活躍した後、どんな開腹術を経験したのか?

A: 増田恵子は開腹術を経験し、術後にお腹の傷が開いたままでもコンサートを行うほどの過酷な状況に立たされました。術後は10cmくらいお腹が開いたままの状態だったと言われています。

Q: 増田恵子が猫好きであることが分かったエピソードは何か?

A: 増田恵子は猫好きであり、これまで4匹の猫と暮らしてきたと述べています。特に愛情を注いでいたミルクちゃんやミルキーとの別れや、新たに迎えたミルキーのアレルギーについても語られています。

動画:増田恵子が“敗訴”した“裁判”の原因…NHKから受けた“い●め”の内容に言葉を失う…「ピンク・レディー」として活躍したアイドルの“開腹術”後即コンサートの実態に驚きを隠せない…

動画の概要欄

みなさんこんにちは。 ハイカラビデオでは“昭和”のアイドル、俳優、女優などの 懐かしい情報や現在の姿など有意義な情報を発信していきます。 この動画では、増田恵子さんが敗訴に終わった”裁判”の真の原因が明らかになります。 さらに、NHKから受けた”いじめ”の内容には言葉を失うばかりです。 加えて、「ピンク・レディー」としてアイドル活動した当時、増田さんが開腹術直後にコンサートを強行した驚くべき実態にも迫っており、その内容に驚きを隠せません。 #増田恵子 #敗訴 #裁判 #NHK #ピンク・レディー #術 #アイドルの裏側

引用:増田恵子が“敗訴”した“裁判”の原因…NHKから受けた“い●め”の内容に言葉を失う…「ピンク・レディー」として活躍したアイドルの“開腹術”後即コンサートの実態に驚きを隠せない…/ハイカラビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=4r7jtrPV7oo)

まとめ:増田恵子、NHKからのいじめに敗訴 ピンク・レディーの開腹術後コンサート驚き

増田恵子さんの過去のエピソードや苦労が明かされる動画でした。ピンク・レディー時代の辞退やNHKとのトラブル、そして開腹術後のコンサートなど、驚きの連続でした。増田さんの愛猫たちとのエピソードも感動的で、彼女の人間味あふれる一面が垣間見えました。増田さんの過去や現在の姿に改めて感心しました。

出典:増田恵子が“敗訴”した“裁判”の原因…NHKから受けた“い●め”の内容に言葉を失う…「ピンク・レディー」として活躍したアイドルの“開腹術”後即コンサートの実態に驚きを隠せない…/ハイカラビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=4r7jtrPV7oo)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次