MENU

【速報】和田毅の本拠地開幕戦先発が白紙に…引退の噂が囁かれる中、志願登板で状況悪化の真相とは?山川穂高の人的補償説についても明らかに

速報!和田毅本拠地開幕戦の先発が白紙に…”行かせてください”志願登板するも状況悪化で囁かれる引退…”山川穂高”の人的補償で囁かれた疑惑の真相とは?二軍施設で見た若手に対してはいた苦言が…

※出典:速報!和田毅本拠地開幕戦の先発が白紙に…”行かせてください”志願登板するも状況悪化で囁かれる引退…”山川穂高”の人的補償で囁かれた疑惑の真相とは?二軍施設で見た若に対してはいた苦言が…/バチバチ芸能 芸能人の確執や恋愛(https://www.youtube.com/watch?v=XDuOWEIoG3I)

ソフトバンクの和選が4月2日のロッテ戦の先発を回避することが決定しました。和選は先週まで投球フォームの問題に悩んでおり、開幕ローテーション入りの返上も考えていました。国保監督は和選の負傷状態を考慮し、大関投を開幕戦の先発にすることを決めました。また、和選にはFA移籍の話題もありましたが、最終的にはソフトバンクに残留して契約を延長しました。和選はプロ22年目のベテランでありながら、今シーズンも全力でプレーしてチームに貢献したいと意気込んでいます。

この記事の要約
  • ソフトバンクの和田選が4月2日のロッテ戦先発を回避することが決定
  • 和田選は4月2日の先発予定だったが、負傷により回避が決まった
  • 和田選は内定から不安な投球が続いており、開幕ローテーションの返上も検討されていた
  • 和田選の代わりに大関投が開幕線を務めることになった
  • 和田選はソフトバンクへのFA移籍問題で注目されたが、最終的に海野選が指名された
  • 和田選は現役最後の年であり、引退後は指導者として迎え入れる計画もある可能性がある
  • 和田選は高年齢ながら力を衰えず、進化を続けている
  • 和田選はチームの若選に対し、もっと努力して目立つようになってほしいと話している
  • 和田選のプレーに対し賛否が分かれており、一部の批判的な意見もある
  • 和田選に関する真相は明らかになっていないが、一部の批判が寄せられている
  • 公式に球団からのコメントはなかった
詳しくは動画でご覧ください

ソフトバンク和選、開幕戦を回避
皆さんこんにちは、松坂世代で唯一のNPB現役選、ソフトバンクの和選が内定していた4月2日のロッテ戦の先発を回避することが決定しました。27日のペイペイドームでの全体練習で、国保監督がこっちから止めたと明らかにしました。本拠地開幕戦の先発は大関智久投が務めることになるようです。開幕2日前に急展開の開幕ローテーション変更になりました。和田選は先週までは投球フォームを見失うなど、不審に苦しみ、一度は開幕ローテーション入りの返上も検討していました。その中で倉の高知からは間に合わなければずらせば良いと当番日の延期も提案されていました。それでも和選は行かせてくださいと志願し、覚悟を決めて前日の2軍広島戦で最終調整に臨みましたが、3回途中8アダゴ失点、左中指を負傷して出血するなどアクシデントにも見舞われる事態となりました。国保監督は「爪のこともあるし、豆がもう多分次行ったら破れる可能性が高いのでもうこっちから止めた」と改めて説明しました。大関選については去年の開幕投を務めた男なのでと全幅の信頼を寄せていました。大関選は当初4月4日のロッテ戦先発予定でしたが、前倒しになることで4日の大役は石川選か大津選が濃厚のようです。ホーム開幕戦となる4月2日のロッテ戦の先発を止められたベテラン和選はここまで状態が上がらず、苦しい投球が続いていたようです。

和選のFA移籍騒動とプロテクトについて
和田選といえば、山川穂高選のソフトバンクへのFA移籍問題が記憶に新しいと思います。当初、人的保証として和強選が指名されるとの報道がありましたが、一転して海野浩選が指名されました。当時、SNS上では様々な声が飛び交いました。「和田さんが矢表に立たされるのは違う」「和田さんがごねたのか、それとも球団がごねたのか」「海野君かわいそうすぎる」などです。今回に関しては全てフロントが悪いという意見もありました。

FAでは、選の所属元球団に対して金銭保障を求める権利と共に、人的保証のオプションが与えられます。一方、移籍先球団は人的保障として移籍させたくない選28人をリストアップすることができます。これがプロテクトです。西武は山川選の移籍が決定してから、誰を人的保証にするかで熟慮を重ねました。そして1月11日、スポーツ士が人的保証として和強選を指名する方針を固めたと報じたのです。他のスポーツ師はこの記事を見て、和田がプロテクトされていなかったのかと驚愕しました。和選はチームの労者で、日米通算163勝のレジェンドです。昨シーズンも大ベテランながら、原平選の10勝に続く8勝を上げていました。一方、日本一を狙うソフトバンクにとっては、和選は貴重な投であり、大型補強に買えの効かない存在でした。西武が和田選を指名することは必然だったと思いますが、和強選がプロテクトされていなかったことに西武は驚いたはずです。

和選の現役続行と引退の覚悟
和田選は今年プロ22年目の43歳です。普通ならば力は衰え、出場試合数は減り、いつ引退かとさかれる年齢かもしれません。しかし、衰えるどころか進化しているようにすら見えます。昨シーズンの自己最速149kmの投球で、直球の平均速度が130km台から上がったことは驚異的なレベルアップと言えるでしょう。和田選本人も「自分にそれだけの能力がある」と語り、日々の練習に取り組むことの重要性を強調しています。和選は投げる一球で体が壊れる可能性もあると自覚しており、「いつ終わってもおかしくはない」という覚悟を持っています。37歳だった18年には左肩を壊して1年半ぶりに復帰し、それ以降は引退の覚悟を持ちながらプレーしているそうです。

和選のチームへの愛着と指導者への道
和田選はソフトバンクに在籍し、長年チームに貢献してきた選です。ソフトバンク一筋でのプレーを続けることができれば、球団も和選の引退後、指導者として迎え入れることができる計算もあるのではないでしょうか。和強選自身も昨年の契約公開交渉で球団からの評価を受け、年俸2億円プラス出来高払いの契約を結んだことで納得感を持っています。しかし、和田選はまだ自分に足りないものがあると感じており、さらなる上昇を目指して頑張る姿勢を見せています。

以上がソフトバンク和選に関する情報です。今シーズンではどのような投球を見せてくれるのか、注目が集まっています。皆さんの考えや感想もコメントでお聞かせください。おしみに。

参考:速報!和田毅本拠地開幕戦の先発が白紙に…”行かせてください”志願登板するも状況悪化で囁かれる引退…”山川穂高”の人的補償で囁かれた疑惑の真相とは?二軍施設で見た若に対してはいた苦言が…/YouTube「バチバチ芸能 芸能人の確執や恋愛」(https://www.youtube.com/watch?v=XDuOWEIoG3I)

目次

【動画】速報!和田毅本拠地開幕戦の先発が白紙に…”行かせてください”志願登板するも状況悪化で囁かれる引退…”山川穂高”の人的補償で囁かれた疑惑の真相とは?二軍施設で見た若に対してはいた苦言が…

まとめ:速報!和田毅、本拠地開幕戦の先発が白紙に

この動画は、ソフトバンクの和田選が4月2日のロッテ戦の先発を回避することが決定したという内容でした。和田選は先週まで投球フォームに問題があり、開幕ローテーション入りの返上も検討されていたそうです。最終調整の2軍広島戦で怪我をし、国保監督が破傷風の危険性を考慮して先発を止めたと説明されました。その代わりに大関選が先発することになります。

また、和田選について、FA移籍劇やプロテクトされていなかったことに関する話も取り上げられました。和田選はソフトバンク一筋であり、現役引退後は指導者として迎え入れられる可能性もあると言われています。

和田選自身も引退の覚悟を持ちながら日々練習に取り組んでおり、若選にも積極的な姿勢を期待しているようです。しかし、和田選に対してはSNS上で厳しい意見も見受けられ、一部で批判の声が上がっているようです。

個人的には、和田選のような大ベテラン選がチームにとって貴重な存在であり、その経験と実績を活かしてチームを引っ張っていってほしいと思います。また、和田選の引退後における指導者としてのキャリアも注目されると思います。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次