MENU

貴景勝、首痛の悪化で12度目の休場…引退願望も困難な理由が明らかに

貴景勝が12度目の休場…”力が入らない”首痛の悪化でもう限界か…”豪栄道と同じ?”引退したくても引退できない驚きの理由が…逃げ腰な取り組みで批判殺到!

※出典:貴景勝が12度目の休場…”力が入らない”首痛の悪化でもう限界か…”豪栄道と同じ?”引退したくても引退できない驚きの理由が…逃げ腰な取り組みで批判殺到!/バチバチ芸能 芸能人の確執や恋愛(https://www.youtube.com/watch?v=d3iu0kvyIEM)

日本相撲協会は23日、大関高翔対若関の大関対決で怪我をしたことを発表しました。高翔関は13日目の取り組み後、右の大胸筋に痛みを感じたということです。この怪我により、彼の引退や続行について注目が集まっています。今回は、高翔関の怪我の状況と引退できない理由について詳しく見ていきたいと思います。

この記事の要約
  • 大関高石が急場することを日本相撲協会が発表
  • 高石は13日目に大関対決で8度目の角番を脱出していたが、取り組み後に右の大胸筋付近を痛めた
  • 高石の怪我は首の怪我で、これは20年7月場所以来2度目の急場
  • 高石の怪我の状況や引退できない理由について詳しく見ていく
  • 高石の怪我は頸椎を痛めたことによる慢性的な痛みであり、根本的な治療が必要になる可能性がある
  • 高石は引退する際には株を取得する必要があり、そのためには時間がかかることが問題となる
  • 過去にも同様の理由で引退できなかった力士がいた
  • 高石は結婚披露宴を予定していたが、怪我により中止となる可能性がある
詳しくは動画でご覧ください
目次

大関高商が急場することを発表

日本相撲協会は23日、大関高商が14日目から急場することを発表しました。高商関は13日目に若関との大関対決を制し、角番を脱出していました。取り組み後の支度部屋で右の大胸筋付近を痛めたと言われています。

高継承席の怪我について

高継承席は首の怪我で急場しました。相撲協会に急場届けを提出し、安静過量が必要と診断されました。痛めた原因は一の上船との取り組みで、力が抜けた状態で寄り切られたと言われています。高継承席はしばらく動くことができず、車椅子で花道を引き上げることになりました。

高継承席の怪我の症状と治療

高継承席の首の怪我による症状は肩が上がらない、肩がしびれる、首がそらせない、親指がしびれる、肘が伸ばせない、中指がしびれるなどです。これらの症状は圧迫された神経によって起こるものであり、筋力低下や症状の改善しない場合には術も必要となることがあります。しかし、スポーツ選の場合は長年の負担が原因であり、術で治ることは容易ではありません。

高継承席が引退できない理由

高継承席は親方株を持っていないため、引退すれば廃業するしかありません。親方株は引退後3年間は名目上親方として務めることができますが、引退後は親方株を取得しなければ退職しなければなりません。しかし、親方株の問題があり、株を取得できない状況にあるため、引退ができないと言われています。

結婚披露宴の開催について

高継承席は結婚披露宴の開催を予定していましたが、急場した力士はイベントの中止や外出の自粛をするのが暗黙のルールとされています。しかし、過去の例を踏まえると、結婚披露宴は予定通りに行われる可能性もあります。

参考:貴景勝が12度目の休場…”力が入らない”首痛の悪化でもう限界か…”豪栄道と同じ?”引退したくても引退できない驚きの理由が…逃げ腰な取り組みで批判殺到!/YouTube「バチバチ芸能 芸能人の確執や恋愛」(https://www.youtube.com/watch?v=d3iu0kvyIEM)

【動画】貴景勝が12度目の休場…”力が入らない”首痛の悪化でもう限界か…”豪栄道と同じ?”引退したくても引退できない驚きの理由が…逃げ腰な取り組みで批判殺到!

まとめ:貴景勝の12回目の休場に限界か、首痛が悪化

この動画は、大関高翔が怪我のために引退するかどうか、または続行するかについて話しています。高翔は首の怪我で辞めることを検討していたようですが、親方株を持っていないため、引退すると廃業しなければならないという問題がありました。また、結婚披露宴の開催も予定されていたが、怪我の回復を考慮して中止するかどうかも話題になっていました。私は、高翔には健康を最優先に考えてほしいと感じました。彼の怪我が完全に回復するまで引退することも悪くない選択肢だと思います。また、親方株の問題も興味深いです。力士が引退しても親方になれない場合、どのような選択肢があるのか知りたいと思いました。全体として、この動画は興味深く、情報量も豊富でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次