MENU

【衝撃】TARAKOの突然の訃報により、「ちびまる子ちゃん」が打ち切りに… 番組終了の真相に言葉を失う…!『まる子』の声優の夫が明かした本音に心を揺さぶられる…!

【驚愕】TARAKOの突然の訃報で"ちびまる子ちゃん"打ち切り…番組終了の真相に言葉を失う…!『まる子』の声優の夫が明かした本音に涙腺崩壊…!

※出典:【驚愕】TARAKOの突然の訃報で”ちびまる子ちゃん”打ち切り…番組終了の真相に言葉を失う…!『まる子』の声優の夫が明かした本に涙腺崩壊…!/特ダネ情報【芸能秘話】(https://www.youtube.com/watch?v=I6keRRD_L8s)

34年以上も主人公まる子役を務め、多くの人から愛されてきた声優のたら子さんが2024年3月4日に休止されることが明らかになりました。最後のエピソードは3月24日に放送されますが、その後は過去の作品の再放送が予定されています。また、ちびまる子ちゃんの打ち切り説も浮上しており、視聴率低迷や現代の家族像との相性の問題が指摘されています。記事では、たら子さんの不調により打ち切り説がさらに浮上している状況や、ちびまる子ちゃんの低迷の原因などが取り上げられています。

この記事の要約
  • 声優のたら子さんが2024年3月4日に休止されることが決まりました。
  • たら子さんが出演する最後のエピソードは3月24日に放送されます。
  • 東海以降のエピソードは過去に放送した作品が再放送される予定です。
  • ちびまる子ちゃんの打ち切り説も浮上しており、視聴率が低迷していると指摘されています。
  • 原作者のさもこさんの元夫である宮永正孝氏は、たら子さんを選ぶことでちびまる子ちゃんの魅力を最大限に引き出せたと述べています。
  • たら子さんの死因は明らかにされていませんが、体調を崩していたと報告されています。
  • たら子さんは猫の里親でもあり、愛する家族との別れについて語っていました。
  • たら子さんが演じたまる子の声は長寿アニメになりました。
  • ちびまる子ちゃんの将来については分かりませんが、変わらず愛される作品であり続けてほしいと願われています。
詳しくは動画でご覧ください
目次

たら子さん、長年愛され続けたアニメ声優

皆さんこんにちは、アニメ「ちびまるこちゃん」で主人公のまる子役を34年以上も務め、多くの人から愛されてきた声優のたら子さんが2024年3月4日に休止されました。今年63歳でした。富士テレビによると、たら子さんが出演する最後のエピソード「マルコ水の味が分かるのき」は3月24日の1時間スペシャルの中で放送されるそうです。このエピソード以外は東海以降当面の間、過去に放送した作品が再放送されるとのことです。また、たら子さんの公認声優と放送開始時期については現在検討中だそうですが、一部では「ちびまる子ちゃん」の打ち切り説も浮上しています。

以前から「ちびまる子ちゃん」と「サザエさん」は昭和のアットホームな家族の姿を描いており、令和の時代には合わなくなってきているのではないかという意見もあります。視聴率も他局に比べて振るわないため、打ち切りの可能性があるのではないかと声が上がっていました。たら子さんの休止でその打ち切り説に車がかかっている状況です。

「ちびまる子ちゃん」は1990年1月7日に放送が開始され、当時の視聴は平均18%前後と高い人気を誇っていました。ピーク時の1994年には平均視聴率22%を記録するなど、多くの家族に愛される国民的アニメになりました。しかし、近年は視聴率が低迷し、2022年の平均視聴率は6.1%まで落ち込んでいます。

「ちびまる子ちゃん」の低迷の原因としては、時代に合わなくなってきているという説があります。まる子さんの実体験を元に描かれている「ちびまる子ちゃん」は、舞台となっているのが1980年代の静岡県清水市(現静岡市清水区)です。当時を知る世代にとっては懐かしさを感じられるかもしれませんが、令和の子供たちにはリアリティがないのかもしれません。

さらに近年はワーキングマザーが増え、専業主婦が減少しているのに、アニメの中ではマルコのママが専業主婦として描かれています。これも現代の家族像とは合わなくなってきている部分と言えるでしょう。また、内容が子供向けすぎるという指摘もあります。物語はマルコを中心に友達との何気ない日常が緩やかに展開していきます。親子で一緒に見てもしめる内容ではありますが、大人が単独で見るには物足りなさを感じてしまうのかもしれません。

そして何より、長寿アニメゆえのマンネリ化が否めないのです。放送開始から34年、マルコを愛する人たちにとっては心穏やかに見続けられる作品かもしれませんが、新規視聴者を獲得するのは難しくなっているのが現状です。

もちろん、「ちびまるこちゃん」の魅力は顕在です。何気ない日常の中にも笑いがあり、優しさがあり、家族の絆を感じられる。子供たちに勇気を与え、大人たちを昔に引き戻してくれる。そんな魅力をもっと多くの人に知ってもらうためにも、アニメの制作人には時代に合わせた変化を求めたいものです。

とはいえ、「ちびまる子ちゃん」の根幹である家族の絆や友情、何気ない日常の尊さは変えて欲しくないですね。さて、そんな「ちびまる子ちゃん」について、原作者であるさもこさんの元夫で評論家の宮永正孝が9日に言及しました。

たら子さんは4日未明に病気のため死去しましたが、今年に入ってから体調を崩し療養しながら仕事を続けていたところ容体が急変したとのこと。宮長氏は昨日の鳥山氏の突然の訃報に続きたら子氏の突然の死もとても悲しい様子で綴っています。

続けて、一部報道で当初まる子役は別の声優だったがさもこさんがイメージと違うと再オーディションを行い、自身の声に似ているたら子さんを選んだとあるが間違いである。様々な声優が第一話冒頭を読むカセットを私が聞き、たらこさんだと直感しました。さんと宮氏はまるこの声はハキハキした活発タイプではないという見解で一致していたそうです。

そして、様々な声優の声を聞く中でたら子さんの声を聞いた瞬間に心の深い部分がほぐれて細胞に染ったのだとか。互いに「この人しかいない」と頷き、たら子さんの起用が決まったそうです。宮氏はさらに当初は「ちびまる子ちゃん」のアニメ化に反対していて、こう言ってアニメ会社に返したそうです。「原作のイメージと違いすぎるので、これならアニメ化しなくて良いです」。声優選びよりずっと前、最初の打ち身で渡されたパイロット版VHSテープだったとのことです。まだ無声でセリフは別に記されていたとのこと。つまり、アニメ化の最初の段階でさもこさんと宮氏は「ちびまるこちゃん」をアニメする色を示していたのです。

宮氏が話すパイロット版については、この試作動画を作った方はおそらく、原作の持つナンセンスさや80年代サブカル的なあるあるへの追求を鍵取りしておらず、それはおそらく家庭を舞台にしたほのぼのとした漫画としか捉えていないからだったと指摘しています。「ちびまるこちゃん」は一見、ただの日常を描いていますが、その根底には時代を映し出す鋭い視点と古き良き時代への敬愛、子供ならではの感性が隠されているのです。それを表現するには声優の選択が重要だったのでしょう。宮氏の明かすエピソードからは、さもこさんと宮氏が「ちびまる子ちゃん」にどれだけの愛情を注いでいたかが分かります。2人だからこそ、原作の魅力を最大限に引き出せるアニメになったのですね。

そして、たら子さんがまる子の声を演じることで、「ちびまる子ちゃん」は34年以上も愛され続けるアニメになりました。「ちびまる子ちゃん」にとってたら子さんは欠かせない存在だったのです。

そんなたら子さんの死因は明らかにされていませんが、遺族からの報告によれば、今年に入ってから体調を崩し、療養しながら仕事を続けていたとのことです。容体が急変してしまったようです。

実はたら子さんのお母さんも突然の死で亡くなっているんです。たら子さんは以前、「亡くなる3時間前まで普通に話をしていたお母さんとの突然の別れ」について語っていました。そして、たら子さん自身も病気との別れを予感しながらこの世を去ってしまいました。

たら子さんは2021年のインタビューでこんなことを言っていました。「一緒に暮らしている4匹の猫を残して旅立つことは絶対にできません。悲しくて想像もしたくないけれど、4匹全員の旅立ちをちゃんと見送って、大好きなみんなの側に囲まれて眠るように行けたら最高だなと思っています」。病気を本当に大切に思っていたたら子さん。4匹の猫たちにとって、たら子さんとの別れはあまりにも突然のことだったでしょう。きっと今頃はご両親や愛犬のチロと一緒に安らかに過ごしているのかもしれませんね。

たら子さんは結婚してお子さんがいたのかどうかは明らかにしていませんでした。ただ、生前のインタビューでは、愛犬や猫のことを家族のように語っていました。みかという保護猫は、ゴールデンレトリバーのミルキーと散歩中に出会って引き取ったそうです。19歳まで生きたみかの最後は、たら子さんが見守ったそうです。一緒に暮らした10年間、本当にかけがえのない思い出でした。

最後までご視聴いただきありがとうございました。心に残った方は、是非コメントに感想をお寄せください。そして、チャンネル登録や高評価もよろしくお願いします。それではまた。

参考:【驚愕】TARAKOの突然の訃報で”ちびまる子ちゃん”打ち切り…番組終了の真相に言葉を失う…!『まる子』の声優の夫が明かした本に涙腺崩壊…!/YouTube「特ダネ情報【芸能秘話】」(https://www.youtube.com/watch?v=I6keRRD_L8s)

【動画】【驚愕】TARAKOの突然の訃報で”ちびまる子ちゃん”打ち切り…番組終了の真相に言葉を失う…!『まる子』の声優の夫が明かした本に涙腺崩壊…!

まとめ:「TARAKOの突然の訃報で「ちびまる子ちゃん」打ち切りの真相に感動」

この動画は、アニメ「ちびまるこちゃん」で主人公のまる子役を務めた声優・たら子さんの休止と、番組の現状について述べられています。

動画ではまず、たら子さんが34年以上もまる子役を務めてきたが、2024年3月4日に休止することが発表されたことが紹介されています。また、たら子さんが出演する最後のエピソードが3月24日に放送される予定であることが伝えられています。

さらに、動画では「ちびまるこちゃん」が昭和の家族の姿を描いており、令和の時代には合わなくなってきているのではないかという指摘や、視聴率の低下が報じられています。また、一部ではちびまる子ちゃんの打ち切り説も浮上していると述べられています。

しかし、動画では「ちびまるこちゃん」の魅力やアニメ制作における声優の重要性にも言及しており、変化を求める声もあるものの、家族の絆や友情、日常の尊さは変えずに残してほしいという意見も述べられています。

また、動画ではたら子さんについても触れられています。たら子さんは病気のために亡くなったと伝えられており、献身的に仕事を続けたり愛する家族との別れについて語ったりしていたことが紹介されています。

最後に、動画ではたら子さんのご冥福を祈り、まる子の声が永遠に心に響き続けることを願っています。

この動画は、アニメ「ちびまるこちゃん」やたら子さんについて詳しく語られており、彼女の休止と番組の現状について、さまざまな視点から解説されています。内容の詳細な説明や適切な感情表現がされているため、視聴者は深く共感することができると思います。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次