MENU

【衝撃】元柔道五輪選手・丸山顕志の逮捕に驚き!引退後の姿が激変し家族との絶縁理由が不可解すぎる…

【驚愕】丸山顕志が緊急逮捕...元柔道五輪選手の引退後の変わり果てた姿に驚きを隠せない...家族とも絶縁していた理由がヤバすぎた...

※出典:【驚愕】丸山顕志が緊急逮捕…元柔道五輪選の引退後の変わり果てた姿に驚きを隠せない…家族とも絶縁していた理由がヤバすぎた…/芸能界の暴露団(https://www.youtube.com/watch?v=9sZU69rvb2M)

丸山健二さんは、柔道元オリンピック選であり、70代の女性からおよそ4000万円を騙し取ったとして逮捕されました。今回は丸山健二さんのプロフィールや戦績、逮捕の真相、息子との関係などについて紹介していきます。

この記事の要約
– 柔道元オリンピック選の丸山健二さんが70代の女性から約4000万円を騙し取ったとして逮捕されたことが分かった。
– 丸山健二さんは長崎県出身で、5歳から柔道を始め、現役時代は多くの国際大会で優勝を果たしていた。
– 1992年のバルセロナオリンピックでは7位入賞だったが、体調不良や睡眠薬の影響で本来の力を発揮できず、期待された成績を残せなかった。
– 現役引退後はネットビジネスやネットワークビジネスの経営に携わり、柔道の指導者としても活動していた。
– 丸山健二さんと息子の城志郎さんは一時絶縁状態にあり、丸山健二さんは鬼のような指導をしていた。しかし、城志郎さんの結婚を機に和解し、上志郎さんは連勝を続けて世界選権の代表権を獲得した。
– 丸山健二さんは柔道会や指導者に対しても批判的な意見を表明し、SNSやYouTubeへの苦言も投稿していた。
– 2018年には女性から約4000万円を騙し取り、警察の捜査が行われている。警察は韓国でのギャンブルにお金を使っていたと見ている。
詳しくは動画でご覧ください
目次

丸山健二さんのプロフィール

丸山健二さんの出身地は長崎県で、5歳から柔道を習い始めました。現役時代は多くの大会で優勝し、1985年の新人体重別、1991年の行動杯やアジア選権、1992年のフランス国際やブルガリア国際などで活躍しました。1992年のバルセロナオリンピックでは7位入賞しています。

丸山健二さんの戦績とバルセロナオリンピックでの結果

丸山健二さんは数々の国際大会で優勝を経験し、特に世界選権では長年のライバルである大く正彦さんに破れることもありました。現役を引退した後はネットビジネスの分野で活動し、ノバJAPAN社長に就任しました。また、引退後は柔道の指導者としても活動し、多くの子供たちに柔道を教えました。

丸山健二さんと息子の関係

丸山健二さんは息子の城志郎さんとの関係が悪化し、2016年から2019年まで絶縁していました。丸山健二さんは鬼のような指導で息子たちを厳しく鍛え、特に上志郎さんの才能を見い出して柔道に打ち込ませましたが、結果を出せず激怒していました。しかし、息子の成績が上がり再び連絡を取り合い、絶縁が解かれました。

丸山健二さんの柔道会への苦言

丸山健二さんは柔道会への思いが強く、SNSやYouTubeを通じて苦言を呈していました。特に井上厚生監督への批判や選の行動に対してコメントを発信しており、柔道会の方向性に疑問を抱いていました。

丸山健二さんの逮捕と暗号資産詐欺の疑い

2018年に丸山健二さんは暗号資産の購入を装い、約4000万円を騙し取ったとして逮捕されました。警察は騙しとった金を韓国でギャンブルに使っていたと見ており、詐欺の疑いが持たれています。

参考:【驚愕】丸山顕志が緊急逮捕…元柔道五輪選の引退後の変わり果てた姿に驚きを隠せない…家族とも絶縁していた理由がヤバすぎた…/YouTube「芸能界の暴露団」(https://www.youtube.com/watch?v=9sZU69rvb2M)

【動画】【驚愕】丸山顕志が緊急逮捕…元柔道五輪選の引退後の変わり果てた姿に驚きを隠せない…家族とも絶縁していた理由がヤバすぎた…

まとめ:丸山顕志が緊急逮捕、姿の変化に驚き…家族絶縁理由がヤバすぎる

丸山健二さんの動画を視聴しました。まず、丸山さんの経歴や成績について詳しく紹介されていました。彼は柔道元オリンピック選であり、自身が開発した得意技で多くの試合で優勝していました。ただし、バルセロナオリンピックでは体調不良と睡眠薬の影響で思うような結果を残せず、7位入賞に終わってしまったそうです。

その後、丸山さんは現役引退後にネットビジネスに関わるなど、様々な活動をしてきました。また、柔道の指導者としても活動しており、子供たちに柔道を教えています。彼は成功や勝利よりも、子供たちを育成することに力を入れており、指導者としての使命感を感じました。

しかし、調べてみると丸山健二さんには除名や絶縁といった過去のトラブルがあるようで、そのことについても触れられていました。彼の息子との関係も一時的に絶縁していたようですが、結婚をきっかけに再び連絡を取り始め、息子が大会で優勝したことで絶縁は解かれたそうです。

さらに、丸山さんは柔道会や指導者に対して厳しい批判をしている様子も紹介されていました。特にSNSやYouTubeに対する苦言や、井上厚生監督への意見などを発信しており、柔道会の方向性について疑問を抱いている様子が伝わってきました。

最後に、2018年に丸山さんが女性からおよそ4000万円を騙し取った疑いがあることが報道されていました。警察はこの金を韓国でギャンブルに使用していたと見て捜査を行っているようです。

丸山健二さんの複雑な経歴や行動についての動画でした。彼の指導者としての熱意や批判的な意見などに深く考えさせられると同時に、過去のトラブルや疑惑の存在も気になりました。しっかりと真相が解明されることを願います。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次