MENU

【速習】猿の惑星/キングダム|過去作のあらすじ総まとめ!【リブート三部作解説】

【世界最速でわかる】猿の惑星/キングダム|過去作あらすじ一挙解説!【リブート三部作まとめ】

※出典:【世界最速でわかる】猿の惑星/キングダム|過去作あらすじ一挙解説!【リブート三部作まとめ】/1分映画批評(https://www.youtube.com/watch?v=XklOVBqiYE0)

猿の惑星シリーズの最新作、『猿の惑星キングダム』が2024年の初夏に公開予定です。今回は、前作のリブート3部作を紹介します。全体の合計時間は約6時間で、世界で最速の6分でまとめました。ただし、新作は20世紀フォックスではなく、ウォルトディズニーカンパニーが企画した映画となるため、続編かどうかはまだ明確ではありません。しかし、監督はシーザーの遺産が新作に継承されると発言しており、期待が高まります。

この記事の要約
  • 猿の惑星ジェネシス:アルツハイマーの新薬の開発が中止になり、シーザーというチンパンジーが知能が向上し、猿たちが知恵を獲得して人間に反旗を翻す。
  • 猿の惑星ライジング:猿インフルエンザにより人類の90%が死亡し、人間と猿の対立が激化する。
  • 猿の惑星グレートウォー:シーザーたち猿たちは人間の軍隊との戦争に巻き込まれ、最終的にシーザーが復讐の旅に出る。
詳しくは動画でご覧ください

以下、作成した見出しと本文です:

目次

猿の惑星ジェネシス

1作目はえ製薬会社でアルツハイマーに聞く薬を研究するウィルは臨床実験でチンパンジーの知能が向上する新薬を開発しますが投与されたチンパンジーが自分のね子供を守るため暴れたために射殺されて新薬の実験は中止となってしまいましたえシのウルは残された子供のチンパンジーにシーザーと名付け生活を共にしていくとシーザーの知能は人間と変わらないレベルとなりシワを使ったコミュニケーションも可能となりました。

猿の惑星ライジング

2作目は人類はウィルの開発したアルツハイマーに危く新薬の副産物で発生した猿インフルエンザによってなんと人類の90%が死亡一方の猿たちはシーザーをリーダーとして人里離れた森の奥で平和に暮らしておりました。

猿の惑星グレートウォー

3作目はシーザー引きいる猿たちは森の奥深で人間の脅威から離れひっそりと暮らしておりましたけども猿たちから地球の主導権を取り返したい人類は軍隊を率いてシーザーたちのいる森の奥へと奇襲を仕掛けます。

ご注意ください!本文にはネタバレも含まれますので、作品をまだ視聴していない方は注意してください。

参考:【世界最速でわかる】猿の惑星/キングダム|過去作あらすじ一挙解説!【リブート三部作まとめ】/YouTube「1分映画批評」(https://www.youtube.com/watch?v=XklOVBqiYE0)

【動画】【世界最速でわかる】猿の惑星/キングダム|過去作あらすじ一挙解説!【リブート三部作まとめ】

まとめ:【猿の惑星】キングダム:過去作あらすじ一挙解説【リブート三部作まとめ】

この動画は、猿の惑星シリーズのリブート作品3部作について紹介しています。3作品合計で6時間以上の映画内容を、わかりやすく6分でまとめている点が良かったです。また、新作「猿の惑星キングダム」については、まだ続編かどうかは明確ではないが、シーザーの遺産が継承されると予想されていることが紹介されました。猿の知能の進化や人間との戦争など、物語の魅力的な要素もきちんと説明されていました。ただし、これらの内容にはネタバレが含まれており、注意が必要です。全体的には、この動画は猿の惑星シリーズについての概要や魅力を伝えるものとして、十分に役立つものでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次