MENU

リッキーが舐達麻にライブ出演を提案した後にコメントを削除した理由は何か? BADHOPと舐達麻のビーフ騒動の原因は何か? RYKEYは現在どうなっているのか?

リッキーが2月1日にバダサイ(舐達麻)に”一緒にLiveに出てやろうか”とコメント!コメントをすぐさま削除した理由とは?BADHOPと舐達麻のビーフ騒動の火付け役はRYKEYは今…

※出典:リッキーが2月1日にバダサイ(舐達麻)に”一緒にLiveに出てやろうか”とコメント!コメントをすぐさま削除した理由とは?BADHOPと舐達麻のビーフ騒動の火付け役はRYKEYは今…/バチバチ芸能 芸能人の確執や恋愛(https://www.youtube.com/watch?v=hmLR5Vx0bDg)

去年から続いているヒップホップ会の大きな出来事といえば、バッドホップとなめだるまのビーフ騒動です。リッキーさんのバダサイさんに対する突然のコメントやバッドホップとなめだるまのビーフ騒動の発端についてまとめてみました。バッドホップとなだるまのビーフ騒動の発端は諸説ありますが、一番有力と言われているのがリッキーさんがワイザーさんの曲「バックステージフィーチャリングTGジジ」を盗作だと批判したことから始まりました。この発言はリッキーさんがヒップホップに対する深い愛情とオリジナリティにこだわりから出たものでしたが、これが両者間の緊張を高めることとなりました。

この記事の要約
– バッドホップとなめだるまのビーフ騒動がヒップホップ会の大きな出来事となった。
– ビーフ騒動の発端は、リッキーさんがワイザーさんの曲を盗作だと批判したことから始まった。
– リッキーさんはバッドホップに対して批判のコメントやディス曲を発表し、ワイザーさんも応答した。
– リッキーさんはバダサイク士さんに対して怒りを爆発させ、その理由は陰口の噂や未払い問題だった。
– リッキーさんのコメントやバッドホップとの関係は緊張が残ったままだった。
– バッドホップやワイザーさんによるディスソングやアンサーソングが公開された。
– リッキーさんはバダサイク士さんに対するコメントを発表し、今後の動向に注目が集まっている。
詳しくは動画でご覧ください
目次

ヒップホップ会の大きな出来事:バッドホップとなめだるまのビーフ騒動

去年から続いているヒップホップ会の大きな出来事といえば、誰もがバッドホップとなめだるまのビーフ騒動を頭に思い浮かべるのではないでしょうか。今回はその詳細についてまとめてみました。

バッドホップとなだるまのビーフ騒動の発端

このビーフ騒動の発端には諸説ありますが、一番有力と言われているのはリッキーさんがワイザーさんの曲「バックステージフィーチャリングTGジジ」を盗作だと批判したことから始まりました。この発言はリッキーさんがヒップホップに対する深い愛情とオリジナリティへのこだわりから出たものでしたが、それが両者間の緊張を高めることとなりました。

リッキーさんとバッドホップの反応

リッキーさんはその後も自身のインスタライブでワイザーさんを批判し、さらには「リッキーアバダサイクッシュyou can GAG」というディス曲をリリースしました。この曲ではリッキーさんが自身のスタイルでワイザーさんを辛辣にディスし、彼のリリックな才能を存分に発揮しました。一方、ワイザーさんもSNSで反撃し、「フリンフィーチャリングイザー&ジョジョ」という曲で応答しました。こうしてビーフはさらに激化していきました。

バッドホップとなだるまのビーフの経過

バッドホップとなだるまのビーフは元々リッキーさんとバッドホップのビーフが発端でした。リッキーさんはその後ワイザーさんに対してSNSで謝罪の意を表すも、ワイザーさんからの明確な反応はありませんでした。このビーフはリッキーさんの逮捕という外的要因によって自然消滅する形となりましたが、ヒップホップコミュニティにおける両者の関係には依然として緊張が残りました。

リッキーさんのバダサイ士さんに対する怒り

なめだるまのバダサイク士さんに対するリッキーさんの突然の怒りが発覚したのは2023年5月のことでした。リッキーさんは自身のインスタライブでバダサイク士さんに対して非常に強い言葉を使い、彼を批判しました。この怒りの理由としては、バダサイク士さんがリッキーさんのことを影で悪く言っていたという噂や、両者の索メリージェーンに関する未払い問題が挙げられます。

リッキーさんのコメント削除と今後の展開

リッキーさんはバダサイク士さんに対してのコメントを自身のSNSに投稿しましたが、現在は削除されています。リッキーさんがこのような強烈な感情を抱くに至った理由は複数ありますが、彼がバダサイク士さんに対して悪口を言っていたという噂や、バッドホップのワイザーさんに対する陰口や謝罪などが影響しているようです。今後もリッキーさんからのコメントや曲が期待されます。

バッドホップとなだるまへの反撃

一方、バッドホップのワイザーさんはなめだるまへのアンサーソング「ガイダンス」を発表しました。この曲は過去の日本語ラップのビーフやその文化をサンプリングしているため、リスナーから高く評価されました。また、バッドホップのラストアルバムもリリースされる予定です。

まとめ

上記のように、リッキーさんとバッドホップ・なめだるまのビーフ騒動は複雑な経緯と展開を辿ってきました。リッキーさんとバッドホップ・なめだるまの関係が今後どうなっていくのかは注目されるところです。

参考:リッキーが2月1日にバダサイ(舐達麻)に”一緒にLiveに出てやろうか”とコメント!コメントをすぐさま削除した理由とは?BADHOPと舐達麻のビーフ騒動の火付け役はRYKEYは今…/YouTube「バチバチ芸能 芸能人の確執や恋愛」(https://www.youtube.com/watch?v=hmLR5Vx0bDg)

【動画】リッキーが2月1日にバダサイ(舐達麻)に”一緒にLiveに出てやろうか”とコメント!コメントをすぐさま削除した理由とは?BADHOPと舐達麻のビーフ騒動の火付け役はRYKEYは今…

まとめ:リッキーがバダサイにライブのオファーするもすぐに削除!RYKEYが火付け役となったビーフ騒動の最新情報!

この動画はヒップホップ会の大きな出来事として、バッドホップとなめだるまのビーフ騒動についてまとめている内容でした。リッキーさんがワイザーさんの曲を盗作だと批判し、それが両者の緊張を高めるきっかけとなりました。その後、リッキーさんがギス曲をリリースし、ワイザーさんも応戦するなど、ビーフは激化していきました。リッキーさんは逮捕され、物語は一度は収束しますが、リッキーさんの逮捕後もなめだるまのメンバーとのビーフは続きます。リッキーさんはなめだるまのバダサイク士さんに対して非常に強い言葉を使って怒りを爆発させ、その背景には陰口の問題や索メリージェーンの未払い問題があったようです。

また、バッドホップとワイザーさんによるなめだるまへのディスソングやアンサーソングも発表され、両者のビーフは続いています。リッキーさんもバダサイク士さんに対してコメントを発表し、その後どう動くのか注目されています。この動画ではリッキーさんのコメントや曲について触れられていましたが、削除されたコメントには心配な感じも受け取れました。

個人的にはこのビーフ騒動は興味深いものであり、ヒップホップコミュニティ内で話題になっていることを再確認できました。リッキーさんのコメントや曲の内容を把握することで、両者の対立や感情の高まりがより理解できたと感じます。今後の展開がどうなるのか、ますます注目したいと思います。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次