MENU

Outlookのアプリ検索ボックスを非表示にする方法

引用
2024年1月31日以降、Outlookのアプリ検索検索ボックスが現れ、困っている声が多く寄せられています。ユーザーはスペースが取られているために見づらくなっていると感じているようです。この記事では、Outlookでアプリ検索検索ボックスを消す方法をまとめています。具体的な方法や注意点について解説していますので、ぜひ参考にしてください。
この記事のまとめ
– 2024年1月31日から、MicrosoftのOutlookでアプリ検索という検索ボックスが表示されるようになり、ユーザーの不満の声が続いている。
– アプリ検索ボックスはかなりのスペースを取っており、見づらさを感じる人も多い。
– アップデートによってアプリ検索ボックスが出現するようになった。
– アプリ検索ボックスの消し方については、オプションから削除する方法やWEB版を利用する方法があるが、完全に消すことはできない。
– ユーザーからはアプリ検索ボックスの不便さについての要望が出ている。
– ユーザーが求める任意設定が可能なアップデートが待たれている。

要約した内容をulとliタグを使ったhtml形式の箇条書きにすると以下のようになる:

  • 2024年1月31日から、MicrosoftのOutlookでアプリ検索という検索ボックスが表示されるようになり、ユーザーの不満の声が続いている。
  • アプリ検索ボックスはかなりのスペースを取っており、見づらさを感じる人も多い。
  • アップデートによってアプリ検索ボックスが出現するようになった。
  • アプリ検索ボックスの消し方については、オプションから削除する方法やWEB版を利用する方法があるが、完全に消すことはできない。
  • ユーザーからはアプリ検索ボックスの不便さについての要望が出ている。
  • ユーザーが求める任意設定が可能なアップデートが待たれている。
目次

2024年1月31日、Outlookでアプリ検索検索ボックスが登場

Outlookの新機能であるアプリ検索検索ボックスが2024年1月31日に突然現れ、多くのユーザーがそれに困惑しています。このボックスは非常に大きく、画面の表示範囲を占めているため、見づらさを感じる人もいます。

Outlookでアプリ検索検索ボックスが出てきた原因

Outlookでアプリ検索検索ボックスが急に表示される理由は何でしょうか?2024年1月30日、バージョン2401(ビルド17231.20182)のアップデートがリリースされました。このアップデートにより、アプリ検索機能が追加され、検索ボックスも表示されるようになったのです。

この問題については、いくつかのユーザーからマイクロソフトのコミュニティでも報告されています。ただし、このアプリ検索機能はOutlook2019以降のアプリ版でのみ発生しており、Outlook2013ではこの問題は発生しないようです。

Outlookでアプリ検索検索ボックスの消し方・消し方

多くのユーザーがアプリ検索検索ボックスを消したいと訴えていますが、消す方法は現時点で確定的なものはありません。

マイクロソフトのコミュニティでは、以下の方法で消すことができると提案されています。

1. Outlookの左上にあるファイルタブをクリックします。
2. メニューから「オプション」を選択します。
3. Outlookのオプションウィンドウで、「検索」メニューをクリックします。
4. 「ソース」セクションで、すべてのボックスのチェックを外し、Outlookだけにチェックを入れます。
5. 「結果」セクションで、「入力時に結果を表示」のボックスのチェックを外し、OKボタンをクリックします。

しかし、この方法では完全に消すことができないようです。現在のところ、アプリ版を使用しているユーザーには、ブラウザ版やWEB版のOutlookを使用することをおすすめします。

まとめ

2024年1月31日からOutlookで導入されたアプリ検索検索ボックスがユーザーに困惑をもたらしています。その原因は最新のアップデートによるものであり、マイクロソフトのコミュニティでも報告されています。現在は消す方法が確定的ではなく、ブラウザ版やWEB版のOutlookを利用することが一番の対策となっています。ユーザーからはこの問題に対する不便さが広まっており、早急な対応を望む声も多く寄せられています。

おわりに:Outlookのアプリ検索ボックスの消し方

Outlookの検索ボックスが邪魔!消し方はある?2024年1月31日からOutlookでアプリ検索検索ボックスが表示され、使いにくいとの声が寄せられています。マイクロソフトのコミュニティによると、オプションから削除する方法があるとされていますが、実際には消えませんでした。現在、WEB版を利用するか、アップデートを待つより他に対策方法はありません。多くの人がこの問題に不便を感じています。

引用(参考):https://neta7.com/20018.html

ここまでのコンテンツは、上記記事の内容を引用、及び参考として要約し作成されています。全文、及び掲載画像は引用元のサイトでご覧ください。また、当記事の本文中に著作物が認められる場合、それら著作権は全て参考元のサイト運営者に帰属します。

“Outlookのアプリ検索ボックスを非表示にする方法”の記事についての批評

この記事は、2024年1月31日からMicrosoft Outlookのアプリ検索検索ボックスが表示されて困っている人たちの声をまとめたものです。記事は短いが、良い点としては、問題が発生しているOutlookの機能について具体的に説明されており、ユーザーが問題を理解するのに役立つ情報が提供されていることが挙げられます。

一方、悪い点としては、記事が短すぎるため、問題に対する解決策が不十分であることが挙げられます。記事は問題を報告しているだけであり、具体的な解決方法やマイクロソフトの対応については触れられていません。また、記事の文体があまりにもカジュアルであり、信頼性に欠けることも悪い点と言えます。

このような記事は、問題の解決策やマイクロソフトの対応についての情報を提供することが期待されます。また、記事の文体もより信頼性のあるものにする必要があります。

項目別評価

【文章の分かりやすさ】
この記事は比較的簡潔でわかりやすい文章で書かれています。ただし、一部の文が不完全であったり、文章が繰り返されている部分もあります。また、一部の文には専門的な用語や省略形が使われているため、一般の読者には理解しにくい部分もあります。文章の分かりやすさについては、7点と評価します。

【文章の正確性】
この記事では、Outlookのアプリ検索検索ボックスの問題について説明していますが、原因や解決策については具体的な情報が不足しています。また、「一応、アプリ版のOutlook2019以降で発生している模様」という表現では、詳しい情報が不明瞭であり、読者にとっては具体的な情報が得られないでしょう。文章の正確性については、4点と評価します。

【文章の信頼性】
この記事は、マイクロソフトのコミュニティによる情報やツイートを参考にして作成されていますが、それ以外の情報源は特に明記されていません。そのため、情報の信頼性に疑問が残ります。また、詳細な情報や具体的な解決策が不足しているため、読者はこの記事を参考にするだけでは問題の解決には至らないでしょう。文章の信頼性については、5点と評価します。

【文章の情報量】
この記事は、Outlookのアプリ検索検索ボックスの問題についての情報を提供していますが、問題の詳細や解決策の具体的な手順については不足しています。また、他の情報源も明示されておらず、読者はこの記事だけでは十分な情報を得られないでしょう。文章の情報量については、4点と評価します。

【文章の個性】
この記事の個性はほとんど感じられません。専門的な言葉や具体的な事例もなく、一般的な情報を伝えるだけの内容となっています。文章の個性については、2点と評価します。

【批評】
この記事はOutlookのアプリ検索検索ボックスの問題について簡単に説明しているが、具体的な情報や解決策が不足しているため、読者にとってはあまり役に立たない記事となっています。また、情報の信頼性についても疑問が残り、他の情報源の参照もないため、読者はこの記事だけでは問題の解決には至らないでしょう。文章の分かりやすさに一定の配慮はされているが、一部の文が不完全であったり、繰り返しが多いという点でも改善の余地があります。総合的に見て、この記事は改善の余地が多く、読者が求める情報を提供するには不十分な内容となっています。

SEOとしての評価

この記事は、2024年1月31日以降にMicrosoft Outlookで問題が発生しているアプリ検索検索ボックスについての批評です。記事は現象の詳細を説明し、ユーザーが検索ボックスを消す方法についても説明しています。

まず、記事のタイトルが適切であり、読者にとって興味深い内容であると言えます。また、記事の冒頭ではユーザーの不満を示すツイートを引用し、問題の背景を説明しています。

次に、記事の構成が明確であることが評価されます。記事は「Outlookでアプリ検索検索ボックスが登場」というセクションから始まり、その原因と解決策についてのセクションに分かれています。

記事の情報は正確であり、バージョン2401のアップデートが問題の原因であることが説明されています。また、記事はマイクロソフトのコミュニティのURLも提供しており、読者が詳細な情報を入手することができます。

解決策のセクションでは、2つの方法が提案されています。最初の方法はオプションから検索ボックスを削除する方法ですが、マイクロソフトのコミュニティで報告された問題があるため、有効な方法ではないことが示唆されています。2番目の方法は、ブラウザ版やWEB版を使用することで問題を回避する方法です。ただし、これも一時的な解決策であることが指摘されています。

結論として、この記事は読者にとって有益な情報を提供しており、問題に対する解決策も示されています。ただし、もう少し詳細な情報や具体的な手順があると、読者が問題を解決する際により役立つでしょう。また、記事の長さが2000文字に満たないため、情報の追加や具体的な事例の説明ができなかった点も指摘されます。

記事構成の改善案

【理想的な見出しの構成案】
1. Outlookでアプリ検索検索ボックスが登場
2. Outlookでアプリ検索検索ボックスが出てきた原因
3. Outlookでアプリ検索検索ボックスの消し方・消し方【方法1】オプションから削除
4. Outlookでアプリ検索検索ボックスの消し方・消し方【方法2】ブラウザ版、WEB版を利用する
5. 結論:Outlookでアプリ検索検索ボックスの消し方は現在難しいが、待つ他に解決策はない

本文中の頻出キーワード

単語        | 出現率(%)
——————|————–
Outlook     | 13.33
アプリ検索      | 8.00
検索ボックス    | 6.67
マイクロソフト    | 4.67
消し方       | 2.67
声         | 2.00
出てきて      | 2.00
見ている      | 2.00
多い        | 2.00
参考        | 2.00
デカデカ      | 2.00
見づらい      | 2.00
状況        | 2.00
原因        | 2.00
消したい      | 2.00
方法        | 2.00
コミュニティ    | 2.00

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次