MENU

松本人志のセクシャルハラスメント疑惑に新たな証言!マッサージ店での不適切な行為とは【芸能】

松本人志が一般女性に強制性●為を迫り離職にまで追い込んだタレコミに言葉を失う…性●害騒動で活動休止中の松本に新証言!マッサージ店、店員に竿を押し付け口腔●交した理由が…【芸能】

※出典:松本人志が一般女性に強制性●為を迫り離職にまで追い込んだタレコミに言葉を失う…性●害騒動で活動休止中の松本に新証言!マッサージ店、店員に竿を押し付け口腔●交した理由が…【芸能】/芸能レジスタンス(https://www.youtube.com/watch?v=kSgYEnRoClU)

松本仁さんの問題発言による芸能活動休止と、週刊文春を提訴した松本さんが被害を受けたと訴える女性たちの証言が多くなっています。今回は新たに10人目の被害者の証言をご紹介します。松本さんを巡る問題はまだ解決の糸口が見えない状況です。今後の展開に注目です。

この記事の要約
  • 現在、ダウンタウンの松本仁さんが問題発言や正加害をした可能性について報じられており、芸能活動休止中。
  • 松本さんは週刊文春を提訴し、発行元の文芸春USに5億5000万円の損害賠償請求をする。
  • 松本さんから被害を受けたと訴える女性たちが次々と現れ、全てを否定するのは難しい状況。
  • 新たに登場した10人目の被害者の証言を紹介。
  • 松本さんは女性に性的な行為を迫ったなどと週刊文春に報じられ、吉本工業は当該事実は一切なく法的措置を検討中。
  • 松本さんは週刊文春の発行元である文芸春USに対し名誉既存による損害賠償と謝罪広告の掲載などを求めて提訴。
  • 松本さんから性的な被害にあったと告発した女性は多く、新たに被害を訴える愛子さんが10人目の被害者として登場。
  • 愛子さんは松本さんとの出来事を詳細に証言し、恐怖心や精神的苦痛を抱えていることを語った。
  • これまでの被害告発に加え、今回の証言で松本さんが多くの人々の人生をめちゃくちゃにしたということが明らかになった。
  • 今後のこの問題の展開に注目。
詳しくは動画でご覧ください
目次

松本仁さんの報道について

皆さんこんにちは。現在、問題発言や正加害をした可能性について報じられ、芸能活動休止となっているダウンタウンの松本仁さんです。松本さんは週刊文春を提訴し、発行元の文芸春USに5億5000万円の損害賠償請求をしました。しかし、松本さんから被害を受けたと訴える女性たちは次々と現れ、この状況で全てを否定するのは難しい状況です。

新たな被害者の証言

今回は新たに登場した10人目の被害者の証言をご紹介します。是非最後までご覧ください。

過去の報道内容

松本さんを巡って昨年12月26日配信の文春オンライン、27日発売の週刊文春で2015年に松本さんとスピードワゴン小沢さんが飲み会を開き、女性に性的な行為を迫ったなどと伝えられました。これに対し、吉本工業は当該事実は一切なく、本件記事は本権タレントの社会的評価を著しく低下させるものであり、その名誉を損なうものだとして法的措置を検討していく予定ですと声明を発しました。一方、文春側は記事には自信があるとしていました。

松本仁さんの損害賠償請求

また、本工業は松本さんが裁判に力をするため活動をすことを発表しました。その中で1月22日、松本さんは飲み会で性的行為などを容したとの疑惑を報じた週刊文春の発行元である文芸春USに対し、名誉棄損による損害賠償と謝罪広告の掲載などを求め、東京地裁に提訴しています。同日、所属する吉本工業を通じて発表したのですが、裁判は松本さん個人による訴えとなっており、額はなんと約5億5000万円となります。

被害告発の女性たち

これまで松本さんから性的な被害にあったと告発した女性はたくさんいます。今回、新たに告発したのが被害女性の愛子さんです。これまで分かっている中で10人目の被害者となります。

愛子さんの証言

今年1月13日、あの日私は松本さんから被害を受けましたと警視庁渋谷所に夫に支えられながら来た1人の女性はそう話しました。愛子さんは「私はあの出来事があってから10年間、松本さんのテレビを一切拒絶して生きてきました。一生この苦しみから逃れられないと思っていました。でも昨年末、文春に掲載されたA子さんやB子さんの告発を見て、声をあげて良いんだと思った。このまま被害を訴えでずに泣き入りすれば、一生公開する今もを苦しむ人がいることを知ってほしいと考えるに至りました」と今回の告発に至った経緯を語りました。

松本さんと愛子さんの出来事

愛子さんを突如襲った事件の発端は2014年に遡ります。複数のリラクゼーションサロンを渡り歩き、アロママッサージの技術を磨いた彼女は当時東京都渋谷区にあるサロンSの人気セラピストとして活躍していました。ここでは性的サービスは一切なく、純粋なリラクゼーションを目的とした個室マッサージ店だそうで、女性客が2割以上を占め、完全予約制でリピーターも多いそうです。ある日、同点にXを名乗る新規客から予約が入り、あこさんは2人の客を迎え入れました。Xの背後にはニット帽姿の節目がちな男性の姿があり、同僚がX、あこさんがニット帽の男性をそれぞれ個室に案内したそうです。

愛子さんの証言

あこさんは私はあの出来事があってから10年間、松本さんのテレビを一切拒絶して生きてきました。一生この苦しみから逃れられないと思っていました。でも昨年末、文春に掲載されたA子さんやB子さんの告発を見て、声をあげて良いんだと思った。このまま被害を訴え出ず、泣き入りすれば一生公開する今も、を苦しむ人がいることを知ってほしいと考えるに至りました。と今回の告発に至った経緯を語りました。愛子さんを突如襲った事件の発端は2014年に遡ります。複数のリラクゼーションサロンを渡り歩き、アロママッサージの技術を磨いた彼女は当時東京都渋谷区にあるサロンSの人気セラピストとして活躍していました。ここでは性的サービスは一切なく、純粋なリラクゼーションを目的とした個室マッサージ店だそうで、女性客が2割以上を占め、完全予約性でリピーターも多いそうです。ある日、同点にXを名乗る新規客から予約が入り、あこさんは2人の客を迎え入れました。Xの背後にはニット帽姿の節目がちな男性の姿があり、同僚がX、あこさんがニット帽の男性をそれぞれ個室に案内したそうです。さんはグレティ、とで客人をもてなし、病重点的に術をしてほしいVなどの項目に分かれたカウンセリングシートに記入を求めたそうです。すると男性がぐにニット帽を外しました。当時あこさんはお笑い番組が好きで、松本さんの番組をよく見ていたそうです。素顔を見てすぐに松本さんだと気がついた愛子さんは舞い上がると同時に、「絶対に、があってはならない」と思ったと言います。カウンセリングシートの術同意書には性的行為を禁止するという趣旨で、過度なサービスの要求を禁じると記されています。松本さんは山下という偽名でサインをしたそうです。術は90分で1万1000円。当時黒髪の坊主頭だった松本さんは紺色のトランクスタイプの紙パンツを履き、ベッドにうつ伏せになりました。あこさんは丁寧に渾身の術を施し、終了すると松本さんは周囲を見渡し、満足そうに「この貸し付き、ええな」と呟いたそうです。

愛子さんの証言

一方、隣室でXを接客した愛子さんの同僚のセラピストは、「彼は術中によく喋る人で、『俺はNSCの12期生なんだ』と芸人は引退して放送作家としてバラエティ番組リンカンを担当したと話していた」と語りました。この放送作家Xは松本さんの生接待に後輩芸人らと一緒に参加していた人物です。愛子さんの夫はその日、妻がこの出来事に大興奮し、「松本さんが来てくれた」とLINEを送ってくれました。そこには松本さんが履いていたクロックスの写真が1枚添付されていた。「お店のスタッフ全員が公用する雰囲気が伝わってきました」と当時の妻の様子を語りました。

愛子さんの証言

そして、Xの携帯電話から2度目の予約が入ったのは同年2月21日。松本さんは前回同様、放送作家のXを伴って来店したそうです。自身の指名客を接客中だった愛子さんに変わり、松本さんを担当したのはその日初出勤の新人セラピストでした。異変が起きたのは術終了の約20分前のことでした。愛子さんが先に術を終え、待機室で休憩していたところ、新人セラピストが駆け込んできたそうです。肩をふらせ、目には涙があり、新人セラピストは「一体いつになったら、なめてくれるの」と松本さんから高校成功を共用されたそうです。愛子さんは前回の松本さんは紳士的だったので、もしかしたら新人の誤解かもしれないとにわかには信じられませんでした。しかし、Xを担当した同僚のセラピストも当時の状況を鮮明に記憶しており、同僚のセラピストはオーナーに報告すると「怒ってしまった。お客様にとりあえず謝って」と言われたそうです。術室を出た松本さんは苦虫を噛みついた表情で早々に退室しようとしており、「失礼があったようです。すみませんでした」と、愛子さん、同僚セラピスト、新人の3人が謝罪すると、エレベーターに乗り込んだ松本さんは顔を横に向け、「一別もせずに気分悪い、わもうええ、見送りもせんでくれ」と怒鳴ったそうです。松本さんを担当した新人セラピストはその出来事を苦にし、わずか1日で同点を退職しました。

愛子さんの証言

愛子さんはその日の勤務後、改めて彼女から話を聞き性的行為を要求されていたことを確認し、すぐにオーナーに報告し、松本さんの出入り禁止を求めると共に被害状況を店のパソコンにメモしました。同店の顧客管理システムは電話番号でデータ管理され、顧客に関するメモを記載したパソコンと連動しているそうです。客からの電話がかかってくると、新規客は「N(ニュー)」、1度でも来店していると「R(リピート)」とディスプレイに表示される仕組みになっており、翌日午後、愛子さんに1本の電話が入り、ディスプレイには「N」という文字が松本さんが「R」として登録されたことを示していました。「放送作家X」の携帯ではなく、おそらく自分の携帯で予約を入れ、あこさんを指名してきたそうです。愛子さんたちはディスプレイに表示された文字を見て、「松本さんではない」と思わずに新規客として予約を受けてしまったと言います。愛子さんは何かあったらすぐに助けてねとスタッフに言い残し、恐怖心を抱きながら、松本さんの右足からマッサージを施していきました。予定時間をオーバーして術は終了し、あこさんがアンドし膝をついて「お疲れ様でした」と言葉を発した直後、松本さんが左であこさんの右をぐいと押し付けられ、陰部に当てながら「ええやん、いつになったらなめてくれるの」と言ったそうです。松本さんは泣いて嫌がっている愛子さんの目をずっと無言で覗き込んできました。愛子さんはこの時、恐怖で震え、局部から目を背けていました。さらに後頭部を掴んでぐっと押し付けられ、抵抗しながら「性的なサービスはないことを必死に説明した」と話しています。しかし、それでも松本さんは力を緩めず、「本当かな、昨日はそれで帰ったけど、もう一度試してみたくなった」と言ったそうです。松本さんは泣いて嫌がっている愛子さんの目をずっと無言で覗き込んできました。愛子さんはこの時、恐怖で震え、局部から目を背けていました。さらに後頭部を掴んでぐっと押し付けられ、抵抗しながら「性的なサービスはないことを必死に説明した」と話しています。しかし、それでも松本さんは力を緩めず、「本当かな、昨日はそれで帰ったけど、もう一度試してみたくなった」と言ったそうです。松本さんは泣いて嫌がっている愛子さんの目をずっと無言で覗き込んできました。愛子さんはこの時、恐怖で震え、局部から目を背けていました。さらに後頭部を掴んでぐっと押し付けられ、抵抗しながら「性的なサービスはないことを必死に説明した」と話しています。しかし、それでも松本さんは力を緩めず、「本当かな、昨日はそれで帰ったけど、もう一度試してみたくなった」と言ったそうです。松本さんは泣いて嫌がっている愛子さんの目をずっと無言で覗き込んできました。愛子さんはこの時、恐怖で震え、局部から目を背けていました。さらに後頭部を掴んでぐっと押し付けられ、抵抗しながら「性的なサービスはないことを必死に説明した」と話しています。しかし、それでも松本さんは力を緩めず、「本当かな、昨日はそれで帰ったけど、もう一度試してみたくなった」と言ったそうです。

愛子さんの精神的な苦痛

松本さんは愛子さんに精神的な苦痛を与え、松本さんによる被害告発の女性たちの人生をめちゃくちゃにしてしまったということです。これが全て本当だとしたら、恐ろしい出来事です。これからこの問題はどのように着地するのでしょうか。今後の展開に注目です。最後までご視聴いただきありがとうございました。コメントを残してくれると嬉しいです。チャンネル登録、高評価も是非お願いします。それでは、また。

参考:松本人志が一般女性に強制性●為を迫り離職にまで追い込んだタレコミに言葉を失う…性●害騒動で活動休止中の松本に新証言!マッサージ店、店員に竿を押し付け口腔●交した理由が…【芸能】/YouTube「芸能レジスタンス」(https://www.youtube.com/watch?v=kSgYEnRoClU)

【動画】松本人志が一般女性に強制性●為を迫り離職にまで追い込んだタレコミに言葉を失う…性●害騒動で活動休止中の松本に新証言!マッサージ店、店員に竿を押し付け口腔●交した理由が…【芸能】

まとめ:松本人志、女性に強制為行で離職追い込み!新たな証言が【芸能】

この動画は松本仁さんの問題発言や性的な行為を報じた内容について解説しているものでした。松本さんから被害を受けたと訴える女性たちが次々と現れ、今回はその中でも10人目の被害者の証言が紹介されていました。

動画では愛子さんという被害者の証言が紹介され、彼女が松本さんから性的な被害を受けたエピソードが明かされました。愛子さんは松本さんのことをテレビでよく見ていたため、彼をすぐに認識しました。彼女は術前にカウンセリングシートに性的行為を禁止するという内容が記載されていることに気付きましたが、松本さんは偽名で署名をして術を受けました。術中、松本さんは愛子さんに性的な要求をし、彼女は必死に抵抗しましたが、受け入れられませんでした。

愛子さんはこの出来事後、精神的な苦痛を抱え、仕事を辞めることを決意しました。彼女は診察の結果、不安障害と診断されました。

この動画を見て、私は被害者たちが松本仁さんから受けた性的な被害の重さを改めて感じました。松本さんが数多くの女性たちの人生をめちゃくちゃにしたことは許しがたいです。これからの展開に注目したいと思います。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次