MENU

小倉祇園太鼓2023の日程スケジュールや屋台、アクセスと駐車場、暴れ打ちなど見どころを紹介

小倉祇園太鼓2023の日程スケジュールや屋台、アクセスと駐車場、花火暴れ打ちなど見どころ

北九州市では、次に来週の7月14日から16日にかけて、小倉祇園太鼓が開催されます。このお祭りは、小倉で400年続いており、国の重要無形民俗文化財にも指定された歴史あるお祭りです。

小倉祇園太鼓2023の日程・スケジュールや内容、屋台情報、アクセスや駐車場、花火の暴れ打ちやお祭りの見どころについて紹介します。

この記事のまとめ
– 小倉祇園太鼓は、北九州市で開催されるお祭りであり、国の重要無形民俗文化財にも指定されている
– 2023年の開催日程は7月14日(金)から16日(日)まで
– 小倉祇園太鼓は、屋台や露店の出店があり、特徴的な山車が披露される
– 小倉祇園太鼓のアクセス方法については、公式サイトを参照。
– 太鼓競演大会やおもてなし太鼓など、さまざまなイベントが開催される。
– 小倉祇園太鼓の暴れ打ちについてのツイートも存在する。
目次

小倉祇園太鼓の2023年の行事は?日程と開催場所はいつからいつまで?

北九州市では、夏の暑さに負けない熱いお祭りがたくさん開催されます。その中でも、小倉祇園太鼓は7月14日(金)~16日(日)に開催されます。

ただし、今年2023年はメイン行事である「競演大会」は中止され、観覧席も用意されていません。

その代わり、「太鼓総見」は実施されるため、見どころである太鼓演奏を楽しむことができます。

小倉祇園太鼓2023年:太鼓総見
出典:http://kokuragiondaiko.jp/

小倉祇園太鼓2023年の日程・会場・中止行事

開催日程2023年7月14日(金)~7月16日(日)
会場の場所小倉城周辺
福岡県北九州市小倉北区城内2−1
中止事項2023年の小倉祇園太鼓は例年の競演大会・据え太鼓競演会を中止し、規模を縮小して開催
⇒閲覧無料の太鼓総見が開催

小倉祇園太鼓2023年の行事スケジュール

小倉祇園太鼓2023年で開催される行事の一部を紹介します。

各行事の詳細なスケジュールは公式サイトを参考にしてください。

2023年7月1日(土曜日)太鼓台開き

小倉祇園太鼓2023年:太鼓台開き
出展:http://kokuragiondaiko.jp/introduction/#utizome
打ち初め式

7月1日は「太鼓台開き」。様々な団体が集まって太鼓を打ち鳴らす「打初式」。ここから小倉の街は太鼓一色に染まる。太鼓の祇園」の始まりである。

開催場所:小倉駅ペデストリアンデッキ

2023年7月14日(金曜日)宵祇園

小倉祇園太鼓2023年:宵祇園
出典:https://mainichi.jp/
宵祇園

小倉の夏の風物詩「小倉祇園太鼓」(国指定重要無形民俗文化財)が、宵祇園と呼ばれる本祭初日に開幕した。本祭終了まで、太鼓のリズムと銅鑼の音が小倉の街に響き渡る。

2023年7月15日(土曜日)大賑わい

小倉祇園太鼓2023年:大賑わい
出典:http://kokuragiondaiko.jp/
おもてなし太鼓

誰でも太鼓に触れ、演奏することができます。太鼓の大会に出場している団体が指導するので、安心して体験できる。太鼓の音は邪気を祓い、福を招くと言われています。ぜひこの機会に和太鼓を体験し、福を持ち帰っていただきたい。

場所:小倉城歴史の道

2023年7月16日(日曜日)打ち納め

小倉祇園太鼓2023年:打ち納め
出典:http://kokuragiondaiko.jp/
太鼓広場

小倉祇園太鼓祭りの最終日。辺りが暗くなり始めると、全長550メートルの会場に約80台の山車と約4000人の観客が集まり、提灯に照らされた山車の巡行が始まる。約160台の太鼓が一斉に打ち鳴らされる姿は圧巻だ。子どもたちのお囃子、大人たちの威勢のいい太鼓やジャンガラ、お年寄りの丁寧な進行など、三世代が一体となって祭りを楽しむ、この祭りならではの光景だ。太鼓ひろばの表彰結果は、翌週の大狐落しで発表される。

場所:小文字通り

小倉祇園太鼓2023の屋台・露店の出店は?特徴は?

小倉祇園太鼓2023では、屋台や露店が出店されます。小倉祇園太鼓では、井筒屋近くのちゅうぎん通りから、みかげ通りまで多くの屋台が出店しています。

小倉祇園太鼓の屋台では、あらゆる屋台グルメやドリンク、遊技場があります。

祭りの規模に伴って屋台の種類も多く、本祭りの屋台を楽しみにしている人も満足できるはずです。

  • 焼うどん
  • 焼きそば
  • フライドポテト
  • はしまき
  • かき氷
  • スーパーボールすくい
  • ヨーヨーつり

etc…

はしまきって何?

「はしまき」とは、割り箸に巻きつけたお好み焼きのことで、九州や中国地方(関西や最近では関東でも)のお祭りでおなじみの料理である。焼き鳥のように片手で手軽に食べられ、今でも屋台の人気メニューです。

また、小倉祇園太鼓では、小倉城周辺や商店街でもいくつもの露店が出店されており、地元グルメ・地ビールを楽しむことができます。

小倉祇園太鼓2023のアクセスは?

小倉祇園太鼓2023のアクセスは次の通りです。

電車でのアクセス

JR鹿児島本線小倉駅より徒歩約15分、JR鹿児島本線西小倉駅より徒歩約10分

車でのアクセス

JR鹿児島本線小倉駅より徒歩約15分、JR鹿児島本線西小倉駅より徒歩約10分

所在地:北九州市小倉北区城内2-1小倉城大手門前広場

お問い合わせ:Tel:093-582-3335
(北九州市小倉北区役所総務企画課)

小倉祇園太鼓2023の駐車場は?

小倉祇園太鼓用の臨時駐車場はありません。

車でお越しの方は、小倉城まで徒歩約3分の場所にある勝山公園地下駐車場を利用しましょう。

勝山公園地下駐車場の詳細とマップは次の通りです。

駐車場場所福岡県北九州市小倉北区城内1
駐車台数約500台
駐車可能時間07:30~23:00
駐車料金150円/30分(最大1,000円)

小倉祇園太鼓の歴史は?

小倉祇園太鼓の歴史や由来について、毎日新聞映像グループや過去の参加者の方のツイートから詳細を知ることができます。

小倉祇園太鼓の暴れ打ちについては?

小倉祇園太鼓では、暴れ打ちと呼ばれる、迫力満点の太鼓の演奏が行われます。これにより、街全体が盛り上がり、祭りの雰囲気を楽しむことができます。

小倉祇園太鼓の「競演大会」や「据え太鼓競演会」とは?

小倉祇園太鼓では、「競演大会」と「据え太鼓競演会」というイベントが開催されます。これらのイベントでは、さまざまなチームが集まり、太鼓の演奏を競い合います。

以上が小倉祇園太鼓に関する情報です。日程・スケジュールや屋台の出店など、詳細については関連の公式サイトやツイートをご確認ください。

おわりに:「祇園太鼓2023:日程・スケジュール・見所」

2023年の小倉祇園太鼓についての情報を紹介します。小倉祇園太鼓は小倉で400年続いているお祭りで、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。今年は7月14日から16日まで開催されます。屋台や露店もたくさん出店され、特徴的な太鼓の演奏も見ることができます。また、アクセスも便利で、お祭りの雰囲気を楽しむことができます。暴れ打ちや競演大会など、様々なイベントも開催されるので、ぜひ訪れてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次