MENU

韓国の社会現象級サスペンスドラマ『ペントハウス』が人々を魅了し、中毒症状が広まる

すべてがぶっ飛びすぎて目が離せない!韓国で社会現象級のヒットを記録、富裕層の闇と狂気を描くサスペンスドラマ『ペントハウス』に中毒になる人続出

※出典:すべてがぶっ飛びすぎて目が離せない!韓国で社会現象級のヒットを記録、富裕層の闇と狂気を描くサスペンスドラマ『ペントハウス』に中毒になる人続出/韓国芸能ニュースちょこりある(https://www.youtube.com/watch?v=TvcV1rmcJlA)

韓国で大ヒットしたサスペンスドラマ「ペントハウス」が話題を呼んでいます。制作費約32億円をかけ、壮大なスケールで展開されたこのシリーズは、瞬間最高視聴率31.1を記録し、俳優たちも多くのアワードを受賞しました。物語の舞台は超高層マンションで、成功したセレブたちが暮らすヘラパレス。しかし裏の世界には秘密と愛造が渦巻いており、物語のテーマは韓国の格差社会と欲望です。要素が詰まったドラマ「ペントハウス」は、非現実的でぶっ飛んだ展開が続くものの、そのユニークな世界に浸ることができる作品です。特に、85階に住むソプラノカシ素人役を演じるキソのゴージャスな雰囲気と、冷酷さや過激な行動に息を飲む瞬間も多いようです。

この記事の要約
  • 韓国で話題のサスペンスドラマペントハウスが社会的な人気を呼んでいる。
  • このドラマは2020年から放送され、3つのシーズンが展開されている。
  • 制作費用は約32億円かけられ、スリリングな展開が描かれている。
  • 韓国で最高視聴率31.1を記録し、出演俳優も演技賞を受賞している。
  • 物語の舞台は高層マンションで、成功したセレブたちの裏には秘密と欲望が渦巻いている。
  • 物語のテーマは韓国の格差社会と欲望であり、様々な要素が詰まっている。
  • 展開は非現実的でぶっ飛んでおり、視聴者を引き付ける魅力がある。
  • 主要キャラクターの演技も評価されており、ドラマの戦いも見ものとなっている。
詳しくは動画でご覧ください
目次

【】韓国ドラマ「ペントハウス」の大ヒット!

2020年より放送され、シーズン1から3まで展開された「ペントハウス」シリーズが話題となっています。この作品は、約32億円もの費用をかけて制作され、壮大なスケールの中でスリリングな展開が次々に描かれます。

【】韓国で瞬間最高視聴率を記録!

「ペントハウス」は韓国で瞬間最高視聴率31.1を記録しました。また、主演俳優たちはSBS演技対象テクサ芸術大賞などのアワードを続々と受賞し、シリーズ3部作で計30回も輝くなど大きな注目を浴びました。

【】韓国ドラマ「ペントハウス」の舞台は超高層マンション

物語の舞台となるのは、トップクラスのセレブたちが暮らす超高層マンション「ヘラパレス」です。ここにはソプラノ歌や医師、弁護士、建設会社代表など様々な富裕層が暮らし、誰もが成功した人生を歩んでいるように思えますが、その裏には様々な秘密と愛憎が渦巻いています。

【】韓国ドラマ「ペントハウス」のテーマは格差社会と欲望

物語のテーマは韓国の格差社会と欲望です。一見、一般的なドラマのように思えますが、実際にはプライドや裏切り、夢、復讐、不倫、暴力、出生の秘密など、韓国ドラマの名物ともいえる要素が詰め込まれています。展開は非現実的でぶっ飛んだものばかりであり、共感できる瞬間は少ないかもしれませんが、その世界に浸ることができるのもフィクションならではです。

【】美しさと冷酷さが入り混じる「ペントハウス」のキャラクター

ヘラパレスの85回に住むソプラノ役のカシは、素人役を演じる人物で、ゴージャスな雰囲気でドレスを着こなします。美しい姿の中には、冷酷さや過激な行動が潜んでおり、息を飲む瞬間も多いです。また、スリンの夫であり主人公の男役では、被告人の主技が見事にヒールに徹し、念友たちの演技戦も見物となっています。

参考:すべてがぶっ飛びすぎて目が離せない!韓国で社会現象級のヒットを記録、富裕層の闇と狂気を描くサスペンスドラマ『ペントハウス』に中毒になる人続出/YouTube「韓国芸能ニュースちょこりある」(https://www.youtube.com/watch?v=TvcV1rmcJlA)

【動画】すべてがぶっ飛びすぎて目が離せない!韓国で社会現象級のヒットを記録、富裕層の闇と狂気を描くサスペンスドラマ『ペントハウス』に中毒になる人続出

まとめ:『ペントハウス』:韓国の社会現象ドラマが狂気で中毒化

私は「ペントハウス」というドラマを視聴しました。このドラマは、韓国で社会現象級のヒットを記録し、話題となっています。全体の制作費用も約32億円という壮大なスケールで作られ、シーズン1から3まで展開されています。

物語は、トップクラスのセレブたちが暮らす超高層マンション「ヘラパレス」を舞台にしており、様々な富裕層が成功した人生を歩んでいるように見えますが、その裏には様々な秘密と愛憎が渦巻いています。物語のテーマは韓国の格差社会と欲望であり、プライドや裏切り、夢、復讐、不倫、暴力、出生の秘密など、韓国ドラマの名物要素が詰め込まれています。

このドラマは非現実的でぶっ飛んだ展開がオンパレードであり、登場人物に共感できる瞬間は少ないです。しかし、その世界に浸りながら視聴することは、フィクションならではの魅力です。展開がジェットコースターのように目まくらしいものであり、目が離せなくなってしまいます。

キャストの演技にも注目です。ヘラパレスの住人であるソプラノ役のキャラクターを演じるカシは、ゴージャスな雰囲気を持ちながらも、冷酷さや過激な行動を見せる素人の一面も持っており、そのギャップには息を飲む瞬間があります。また、スリンの夫役も残忍な行動を繰り返す役柄であり、被告人としての主軸を見事に演じています。

全体として、「ペントハウス」は韓国ドラマの要素が詰まった作品であり、密度の濃い展開が魅力です。そんな展開に浸れるのもフィクションならではであり、私も目が離せないほど引き込まれました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次