MENU

HYBEがスターバックスを使ったLESSERAFIMの最新動画で批判を浴びる

LESSERAFIMの最新動画にスターバックスを起用したHYBEに非難殺到

※出典:LESSERAFIMの最新動画にスターバックスを起用したHYBEに非難殺到/KPOPファンダム【毎日更新】(https://www.youtube.com/watch?v=Nu0ky-deceY)

ルセフィムが最新Vログでスターバックスのカップを使ったことにより批判を受けています。動画では彼女たちが屋で出番を待つ様子が映し出されていましたが、周りにはスターバックスのカップがありました。視聴者たちは他の商品のブランド名がぼかされているにもかかわらず、スターバックスのロゴがぼかされていないことに疑問を抱きました。この行為により、スターバックスは大きな反発を招きました。また、スターバックスは政治的な関わりはないと主張していますが、イスラエルとパレスチナのガザ紛争を巡る問題で批判を浴びています。このような事態に対して、ルセフィムのファンとしてはスターバックスの宣伝に反対する動きが広がっています。

この記事の要約
– 現在、ハブはルセフィムの最新Vログでスターバックスのカップを使ったことにより批判を受けている。
– 2024年1月23日、ハブはルセフィムが日本で開催されたママ2024に出演した際のビハインド動画を公開した。
– 動画では屋で出番を待つメンバーの姿が映し出されており、彼女たちの周りにはスターバックスのカップが映っている。
– 視聴者が指摘したのは、他の商品のブランド名をぼかすための映像加工をしていたにも関わらず、スターバックスのロゴはぼかし加工されていなかったこと。
– 韓国では広告に関する法律が厳しいため、スターバックスが事務所に宣伝費としてお金を払っており、事務所がvlogの中で宣伝する法を取ったのではないかと考えられている。
– この行為は大きな反発を招いており、スターバックスは現在、大規模な不買運動のターゲットとなっている。
– スターバックスはイスラエルとパレスチナのガザ紛争との関連が指摘されており、労働組合を訴えたことにより一部の顧客から怒りを買っている。
– KPOP業界では、過去にもスターバックスの宣伝に関して批判を浴びた事例がある。
– ルセフィムのような世界的なファンダムを持つアーティストを使ったプロモーションは重要であり、この問題に対してファンがボイコットや啓発活動を行っている。
詳しくは動画でご覧ください
目次

スターバックスのカップに対する批判

2024年1月23日、ハブはルセフィムが日本で開催されたママ2024に出演した際のビハインド動画を公開しました。動画では屋で出番を待つメンバーの姿が映し出されていましたが、人々の目を引いたのは彼女たちの周りにあるものでした。動画ではテーブルにスタバのカップがいくつも映っており、彼女たちがスターバックスのドリンクを飲んでいることが分かります。

視聴者が指摘したのは、周囲の他の商品のブランド名をぼかすための映像加工をしていたことです。オレンジさえぼかされていたにも関わらず、スターバックスのロゴはぼかし加工されていませんでした。韓国では広告に関する法律が非常に厳しいため、ネットユーザーたちはスターバックスが事務所に宣伝費としてのお金を払っており、事務所はVlogの中でさりげなく宣伝する法を取ったのだと考えています。

この行為は大きな反発を招いており、スターバックスは現在大規模な批判のターゲットとなっています。特に現在のイスラエルとパレスチナのガザ紛争が起きている状況で、スターバックスが新イスラエルであると主張する人が多いためです。スターバックスは政治的な関わりはないと表明していますが、労働組合とのトラブルやソーシャルメディア上でのパレスチナ派の発信により、避難を受けています。

スターバックスは顧客を怒らせ、ブランドの評判に取り返しのつかない損害を与える可能性があるとして、ブランドの名前とロゴを使用した組み合わせを訴えました。

スターバックスの宣伝とKPOP業界

KPOP業界がスターバックスの宣伝で批判を浴びたのは今回が初めてではありません。2023年12月にはチョンソミがTikTokの動画でスターバックスのカップを使ったことで大きな反響を買いました。その後動画は削除され、チョンソミは沈黙を守っています。エンハイプンのジェイクもスターバックスを飲む姿を目撃され、エンハイプンのファンネームであるエンジンはバースでジェイクを叱り、スターバックスへのスタンスについて教育しました。ジェイクは謝罪し2度とこのようなことは起こさないと約束しました。

KPOPファンはこのバッシングを受けてディベシオニズムをトレンドにし、多くの人々が評判を落とす可能性に気づいていたにもかかわらず、スターバックスの宣伝にルセフィムを使ったことを避難しています。人々は事務所をボイコットし、この問題について啓発するためにメールを送っています。ルセフィムのように世界規模のファンを持つ上でのプロモーションは重要であると言えるでしょう。

参考:LESSERAFIMの最新動画にスターバックスを起用したHYBEに非難殺到/YouTube「KPOPファンダム【毎日更新】」(https://www.youtube.com/watch?v=Nu0ky-deceY)

【動画】LESSERAFIMの最新動画にスターバックスを起用したHYBEに非難殺到

まとめ:LESSERAFIM最新動画にスターバックス起用でHYBEが非難を浴びる

私が視聴したこの動画は、ハブはルセフィムが日本で開催されたママ2024に出演した際のビハインド映像でした。映像では屋で出番を待つメンバーの姿が映し出され、彼女たちの周りにはスターバックスのカップがいくつも置かれている様子が分かりました。

視聴者が指摘したのは、他の商品のブランド名をぼかすための映像加工が行われていたにも関わらず、スターバックスのロゴがぼかし加工されていなかったことです。これにより、スターバックスが事務所に宣伝費を払っており、vlogの中で宣伝する法を取ったのではないかという疑念が生まれました。

この行為は大きな反発を招いており、スターバックスは現在不敗運動のターゲットの1つとなっています。イスラエルとパレスチナのガザ紛争が起きている現在、スターバックスは新イスラエルであると主張する人が多いため、政治的な関わりを疑われています。

以前にもKPOP業界でスターバックスの宣伝による批判が起きたことがあります。チョンソミやエンハイプンのジェイクがスターバックスを使った動画を公開し、大きな反発を招きました。これに対してKPOPファンはディベシオニズムをトレンドにし、問題を啓発しようとしています。

この動画を通じて、ルセフィムのような世界規模のファンダムを持つアーティストを使ったプロモーションが重要であることを感じました。しかし、ブランドの宣伝においては慎重さが求められることも再確認しました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次