MENU

吉本穎右が遺した感動の物語…壮絶な最期に心痛み…「村山愛助」のモデルに襲った病の真実…笠置シヅ子との愛に言葉失う

吉本穎右が笠置シヅ子に残した遺産...壮絶な最期に涙が止まらない...「村山愛助」のモデルに襲った難病の正体...笠置シヅ子との愛情物語に言葉を失う...

※出典:吉本穎右が笠置シヅ子に残した遺産…壮絶な最期に涙が止まらない…「村山愛助」のモデルに襲った難病の正体…笠置シヅ子との愛情物語に言葉を失う…/日刊ウルトラ芸能(https://www.youtube.com/watch?v=6k7znYYgqx8)

吉本えみさんの人生について紹介します。えみさんは葛木静子さんの夫、吉本Aさんにとって障害を持つ唯一の妻でした。彼女は大阪出身で、1923年10月26日に生まれました。彼女は吉本工業の跡取りであり、早稲田大学で帝王学を学びました。しかし、彼女の体は弱く、結核や他の病気に苦しんでいました。彼女は若くして亡くなり、吉本Aさんは彼女の遺産を受け継ぐことになりました。

この記事の要約
– 語りが吉本えみさんについて紹介
– 吉本えみさんの経歴とプロフィール
– 吉本えみさんの家族の背景
– 吉本えみさんと葛木静子さんの出会いと結婚の計画
– 吉本えみさんの死とその後の葛木静子さんの生活
– 吉本えみさんの健康問題と亡くなるまでの人生
  • 吉本えみさんの経歴とプロフィール
    • 1923年10月26日生まれ
    • 大阪府出身
    • 吉本工業の跡取り
    • 早稲田大学で帝王学を学ぶ
  • 吉本えみさんの家族の背景
    • 幼い頃に兄と6人の姉妹をなくす
    • 母親は吉本工業の総子者
    • 父親は亡くなっており、長男も幼少時になくす
  • 吉本えみさんと葛木静子さんの出会いと結婚計画
    • 1943年に名古屋で出会う
    • 1年半後の1944年に結婚を誓い合う
    • 吉本工業から社屋を斡旋されて同棲を始める
    • 結婚を控えていたが、えみさんが亡くなる
  • 吉本えみさんの死とその後の葛木静子さんの生活
    • えみさんは1947年に敗結核で亡くなる
    • 結婚後、葛木静子さんは独身を貫く
  • 吉本えみさんの健康問題と亡くなるまでの人生
    • 吉本えみさんの体は弱かった
    • 歌として成功し、明るいイメージを持つ一方で、苦労もあった
    • 吉本えみさんの健康問題が悪化し、亡くなる
    • 葛木静子さんは吉本えみさんの名刺を大切にしていた
詳しくは動画でご覧ください
目次

葛木静子さんと吉本えみさんの出会いと結婚

葛木静子さんと吉本えみさんは、1943年6月に名古屋で出会いました。葛木さんが名古屋を訪れた際、吉本Aさんは美座で公演を行っており、葛木さんは挨拶に立ち寄ったのです。えみさんは芸能に詳しく、葛木さんのファンだったと言われています。2人は偶然にも同じ列車に乗る予定があったため、一緒に行くことを約束しました。その後、駅で待ち合わせし、長い時間を一緒に過ごしました。葛木さんは、えみさんの優しさや人柄に惹かれ、恋愛感情が芽生えていったと言われています。しかし、葛木さんはえみさんよりも9歳年上であり、えみさんの師であることから身分の差を気にして、恋愛対象としないようにしていたのです。しかし、お互いの家を行き来するうち、次第に惹かれ合い、恋愛に発展していったのです。出会ってから1年半後の1944年、2人は結婚を誓い合うようになりました。そして、1945年5月25日に結婚式を挙げました。

吉本えみさんのプロフィールと経歴

吉本えみさんは、1923年10月26日に大阪府で生まれました。吉本さんは次男として生まれましたが、幼い頃に兄と6人の姉妹をなくしています。父親は若くして亡くなり、長男も幼い時期に亡くしたため、吉本工業の跡取りはえみさんとなりました。早稲田大学で帝王学を学び、伝統ある家計や家柄など特別な地位に生まれ育ちました。しかし、吉本さんは体が弱く、幼少時から病気に悩まされていました。母親のせいさんは吉本家の投であり、吉本工業部の運営を行っていました。吉本さんは母親の期待のもと、工業部の継承者として育てられました。

吉本えみさんの厳しい運命と最期

吉本えみさんは、病気に苦しむ人生を送りました。幼少時から体が弱く、幕園での入院や結核の病気に悩まされていました。結婚後も体調が優れず、夜の付き合いも多かったことから、夫の葛木さんの心配を受けていました。そして、1947年に吉本工業本体に帰るため大阪に戻り、その後も健康を害していくのです。しかも、3年後の1948年に吉本えみさんはわずか24歳で敗血症により亡くなってしまいました。吉本えみさんの死は、葛木さんにとっても大きなショックであり、その後彼は一生を独身で過ごすこととなりました。

葛木静子さんと吉本えみさんの切ない思い出

葛木静子さんと吉本えみさんは、1年半の同棲生活や結婚式を経て結ばれた夫婦でした。しかし、えみさんの早すぎる死は、2人の未来を変えてしまいました。えみさんの死から半月後、葛木さんは同じくえみさんの遺言により生まれた娘のa子さんを育てるために芸能界に復帰しました。彼は娘を大事に育て、彼女にとって父だけが男性であり、一生独身を貫いたのです。葛木さんは、えみさんに初めて会った時にもらった名刺を大切に保管し、親しい人にはそのことを照れながら話していたそうです。彼はえみさんの死から多くの時間を経ても、彼女への想いを忘れることはありませんでした。

参考:吉本穎右が笠置シヅ子に残した遺産…壮絶な最期に涙が止まらない…「村山愛助」のモデルに襲った難病の正体…笠置シヅ子との愛情物語に言葉を失う…/YouTube「日刊ウルトラ芸能」(https://www.youtube.com/watch?v=6k7znYYgqx8)

【動画】吉本穎右が笠置シヅ子に残した遺産…壮絶な最期に涙が止まらない…「村山愛助」のモデルに襲った難病の正体…笠置シヅ子との愛情物語に言葉を失う…

まとめ:吉本穎右の遺産:笠置シヅ子との壮絶な最期

この動画は、葛木静子さんの夫である吉本Aさんと吉本えみさんの物語を紹介しています。吉本えみさんは、吉本工業の跡取りでありながらも多くの苦難を乗り越えてきた人物でした。彼女は体が弱く、幼少期から病気に悩まされていましたが、それでも舞台の用具を持って送り迎えしてくれたり、身の回りの世話をしてくれたりと、夫である吉本Aさんを支えていました。

しかし、悲劇は彼女の周りに次々と訪れます。まず、彼女の母親が亡くなり、その後、彼女の兄と6人の姉妹も不幸な事故で亡くなってしまいます。さらに、彼女の結婚にも反対され、結婚を誓い合った直後に亡くなってしまいます。

それでも、彼女の故意を受けて、吉本Aさんは一人娘のa子さんを大切に育てます。彼は結婚せずに生涯を送りましたが、娘にとっては唯一の父であり、大切な存在でした。

この動画を見て、彼らの波乱に満ちた人生に感動しました。彼らは困難を乗り越えながらも、互いを支え合い、愛を育んでいたように思います。また、彼らの物語を通じて、人生は予想外の出来事に翻弄されることもあるけれど、それでも前向きに生きることの大切さを改めて感じました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次