MENU

八代亜紀の突然の訃報…孤独な晩年に涙が止まらない…『雨の慕情』でヒットした歌手の正体や難病、熟年離婚の驚きを明らかに

八代亜紀の突然の“訃報”...孤独すぎる晩年に涙が止まらない...『雨の慕情』でヒットした歌手が死の直前まで隠し続けた難病の正体や熟年離婚を選んだ理由に驚きを隠さない...

※出典:八代亜紀の突然の“訃報”…孤独すぎる晩年に涙が止まらない…『雨の慕情』でヒットした歌が死の直前まで隠し続けた難病の正体や熟年離婚を選んだ理由に驚きを隠さない…/日刊ウルトラ芸能(https://www.youtube.com/watch?v=bNWPUtNbw2g)

歌の社明さんが昨年12月30日に亡くなっていたことが9日に所属事務所から発表されました。社明さんは、熊本県八代市出身で、73歳でした。彼女は船歌雨や武上などの名曲で知られ、昨年8月にはバースデーライブを行い、観客を魅了しました。しかし、9月に高原病を患い、年内の活動を休止することを発表していました。社明さんはハスキーボイスが持ち味で、ジャズ歌ジュリーロンドンの影響も受けて歌になりました。彼女は多くのヒット曲を生み出し、演歌の女王と称されていました。近年は健康上の悩みもあったようですが、2023年現在は元気に活動しているようです。

この記事の要約
  • 歌の社明さんが昨年12月30日に亡くなったことが公式サイトで発表された
  • 社明さんは熊本県八代市出身で、73歳で亡くなった
  • 死因は進行性監視性肺炎だった
  • 社明さんはバースデーライブや公演などで活躍していたが、高原病を患っていたため活動を休止していた
  • 社明さんはハスキーボイスの持ち主で、父親の影響で歌を志した
  • 演歌界で女王と呼ばれ、多くのヒット曲を出した
  • 社明さんは病気に悩まされたが、現在は元気に活動している
  • 病気の原因はストレスや脳血管疾患などが考えられる
  • 八代さんの滑舌の問題については、カレや性格の影響もあるが、深刻な悪化は見られない
  • 社明さんの活動は今後も期待されている
詳しくは動画でご覧ください
目次

社明さんの生涯

皆さんこんにちは、船歌雨の武上などの名曲で知られる歌の社明さんが昨年12月30日に休息進行性監視性肺炎のため死去していたことが9日分かった所属事務所が公式サイトで発表した。73歳、熊本県八代市出身。葬儀は8日に取り行われた。

昨年8月28日にブルーノート東京でバースデーライブを行い、いつもと変わらない歌声で観客を魅了した。ほかにも昨年9月9日には埼玉県熊谷市での公演「ヒノテルマサクインテット」にゲストとして登場していた。その3日後の同月12日に所属事務所を通じて高原病を患っていることを公表し、年内の活動を休止することを発表していた。

誰もが1度聞けば忘れらないハスキーボイスの持ち主で、歌が好きだった父親の影響で幼少時代から地元のコンクールに出場していた。ただハスキーボイスがコンプレックスだったというが、父親が勝ってきた米国の「ツモキーボイスの女王」と呼ばれたジャズ歌ジュリーロンドンの歌声をレコードで聞き、自信を持ち歌を志す。16歳で銀座のクラブに立ち、幅広い曲を歌った。同じクラブで歌っていた歌三谷県に後押しされ、芸能プロダクション入り。1971年にアワシンでもでデビューした。

八代さんの持つジャズの要素とハスキーボイスがどこかに日合を漂わせ、聞く人の胸を落ちる。73年に「涙恋」が大ヒットし、79年の「船歌」で地位を不動のものとし、翌80年には「雨の母情」で日本レコード大賞を受賞した。社明は日本の演歌歌、女優、タレント、画家でもあり、幼少の頃から父親の歌う「老局」を聞きながら育った。そうした影響もあり、八代は歌好きの子供になり、地元の仮称コンクールなどにも出場していた。八代が小学5年生の時、たまたま父親が勝ってきたジュリーロンドンのレコードを聞き、そのハスキーボイスに感動し、自身もハスキーボイスの持ち主だった八代はその声に若干のコンプレックスがあったが、ジュリーの性格に勇気づけられ、クラブ歌になることを意識するようになる。八代市立第6中学校卒業後、地元熊本のバス会社「九州産業交通」のバスガイドとして勤務していたが、15歳で父親の反対を押し切り、状況学院に通い、3年後、銀座のクラブ歌となり、スタンダードやポップスなどを歌った。同じクラブで歌いたい歌に三谷県て三谷から芸能プロダクションを紹介され、1971年に「定地区より愛」でデビュー。芸名の「社明」のせいは出身地の八代から取っており、読みやすい二文字「明」きとし、また漢字の「秋」としたのはアジアで何世紀も活躍できるようにとの願いが込められている。

読売テレビのオーディション番組「全日本火曜選権」に出場し、10週連続勝ち抜きでグランドチャンピオンとなったことで徐々にレコードが売れ始める。1973年に「涙恋」が120万枚とヒットし、その後も「忍び恋」や「愛一筋女の夢智し花水戦」「もう1度相女港町愛の執着駅」など女心を描いた歌で次々とヒットを連発する。1979年には「新酒地」を開拓し、初の男フウが大ヒットし、1980年に発表した「雨の母情」で日本レコード大賞を受賞する。これら2曲は港町を舞台にしたアイレン3部作とされ、NHK紅白歌合戦では2年連続出場を務めた。ほどなくして「円歌の女王」と称されるようになる。

1982年、センチュリーレコードへ移籍してからは、ヒットスターからベテラン歌としての存在へと変わっていく。海猫、日本海、小川などを発表し、1986年には日本コロンビアへ移籍、1987年に個人事務所を設立。1990年には「花束」を発表し、ポップス超バラードの世界に進出する。同局は八代の新たな一面を引き出し、円歌死体のファン以外からも指示されてロングセラーとなった。演歌歌では珍しく全盛期の曲は全てが連続ヒットし、女性演歌歌の中では最も売上枚数がトップである。オリコンのシングルチャートにおけるトップ10獲得作品数も通算7作で、2011年6月に水森香りが8作連続シングルチャートトップ10を更新するまで、女性演歌歌歴代1位を続けた。2022年10月2日にはフランス公演を行うなど、ますます活躍の場を広げている。

社明さんは明日ともに演歌の女王として火曜会に君臨してきた八代さんですが、長い歌生活の中で病気に悩まされたこともありました。それはどんな病気で、原因は何だったのでしょうか?テレビ番組の人間ドッグ企画で、隠れ冠状動脈の疑いが見られたことや、ネット上に飛び交った羅列が回っていない滑舌が悪いという声も気になります。2023年現在、八代さんは元気に活動しているのでしょうか?近況や病気についても見ていきます。

病気と健康管理

社明さんは1991年の九州ツアーの直後に最愛の父親を亡くしました。そもそも歌が好きになったのは、父の歌う曲を小さい頃から聞いて育ったからで、ハスキーボイスのコンプレックスを吹き飛ばしてくれたのも、父が買ってきたジュリーロンドンのレコードのおかげでした。演歌の女王社明誕生の裏には、父蛍光さんの存在があったと言っても過言ではありませんね。しかし、ツアーを終えた八代さんは「頑張ったね」と労いの言葉をかけてもらうことなく、舞台を勤め上げました。

異変が起きたのは舞台の翌朝のことで、目が覚めて起き上がろうとすると、天井がぐるぐる回り、ひどい吐き気に襲われました。病院で診察を受けると、石の診断は目に見える病で、悲しい気持ちを押し殺し過のストレスを抱え込みながら仕事を続けたために心身に負担がかかったのが原因でした。気を張っている時は風を引いたりしないのに、緊張の糸が切れると体調を崩すことがあるように、公演終了と同時に緊張が緩んでストレスが爆発したのかもしれません。

八代さんは3日間の入院中、注射と投薬の治療を受け、退院後も1週間は服役を続けました。メニエル病のことをすっかり忘れていた10年後、再びめまいが八代さんを襲います。この時は人間関係のトラブルに悩まされていました。前回と同じく注射と投薬で、すぐに治ったものの、意識は意識のアドバイスを守り、DHAやEPAを積極的に摂取したり、ストレスをためないようにしたり、頭を急に動かさないように気をつけているそうです。

2014年6月29日放送の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」では、人間ドッグの結果、「レッド判定」が出てしまった社明さん。石の解説によると、MRI画像で白い影が認められ、隠れ冠状動脈の疑いがあるとのことでした。進行すると脳卒中のリスクが高まるため、注意が必要です。また、中性脂肪とLDLコレステロールの数値が基準値をオーバーしていて、脂質異常上昇となっていることも明らかになりました。脂質異常上昇とは、血液がドロドロになる状態で、動脈硬化や脳梗塞のリスクを高めます。

動脈硬化の予防には、魚の油に含まれるEPAを積極的に摂取することが効果的です。オリーブオイル、えごま油、亜麻油も効果的だそうです。番組では、動脈硬化を予防・改善するための「ふはぎ体操」も紹介されました。ふはぎは足の血液を循環させるポンプのような機能を持つため、鍛えることで一酸化窒素の分泌が活性化するそうです。一酸化窒素には、動脈を広げて柔らかく保ち、血管を蘇らせる働きがあります。ふはぎ体操のやり方は簡単で、床に座って両脚を前に伸ばし、つま先を自分の方に向ける動作を繰り返すだけです。この繰り返しを2分間、1日3回行えば良いそうです。

滑舌の悪さについて

テレビ番組に出演している八代さんの滑舌がおかしいという感想が目立ち始めたのは2012年頃のようです。言葉が聞き取りにくい特に他業が綺麗に発できていないと心配した視聴者は多かったようですね。2021年11月に公式チャンネルにアップされた動画を見ても、やや滑舌の悪さを感じます。発声が不明瞭になる原因としては、脳血管疾患や歯の不具合、そしてもちろんカレなどが考えられるでしょう。しかし、前述のように脳梗塞の予備群ではあったものの、深刻な脳血管疾患を患ったという情報はありません。元々、八代さんはあまり口を開けて喋るタイプではなく、性格もハキハキしているので、声が内にこもっているように聞こえる傾向はありますね。カレによって滑舌が悪くなった可能性もありますが、少し安心できるのは2023年の時点でさらに悪化しているようには見えないことでしょう。後述しますが、会長は元気に語っているところを見ると、ご本人にとってはさほど深刻な問題ではないのかもしれません。

参考:八代亜紀の突然の“訃報”…孤独すぎる晩年に涙が止まらない…『雨の慕情』でヒットした歌が死の直前まで隠し続けた難病の正体や熟年離婚を選んだ理由に驚きを隠さない…/YouTube「日刊ウルトラ芸能」(https://www.youtube.com/watch?v=bNWPUtNbw2g)

【動画】八代亜紀の突然の“訃報”…孤独すぎる晩年に涙が止まらない…『雨の慕情』でヒットした歌が死の直前まで隠し続けた難病の正体や熟年離婚を選んだ理由に驚きを隠さない…

まとめ:”八代亜紀、突然の”訃報”…涙が止まらない孤独な晩年”

社明さんの訃報を知り、とても悲しい気持ちになりました。彼女の美しい歌声は、多くの人々を魅了し続けてきました。特に彼女の代表曲である「船歌雨」は、心にしみる歌詞とメロディーで、多くの人々の心を打ちました。

社明さんの活動の中でのハイライトとして、ブルーノート東京でのバースデーライブや、埼玉県熊谷市での公演などが挙げられます。彼女の歌声はより一層魅力的に聞こえ、観客を感動させることができました。

さらに、社明さんの歌としての道を歩むきっかけとなったのは、彼女の父親の影響でした。彼女は幼少期から父親の歌うジュリーロンドンのレコードを聞きながら育ち、彼女のハスキーボイスに自信を持つようになりました。彼女の歌唱力は父親から受け継がれたものであり、その歌声は聴く人々の心に深い感動を与えることができました。

残念ながら、社明さんは健康問題に悩まされることもありました。報道によると、彼女は高原病や隠れた冠動脈疾患の疑いがありました。これらの病気は彼女の活動を一時的に停止させることになりましたが、彼女は治療を受けながらも前向きに歌活動を再開しました。

最後に、社明さんの滑舌の悪さについても触れられています。彼女の喋り方が特徴的であることは確かですが、それが深刻な問題となっているわけではなさそうです。実際、彼女は2023年時点で活動を続けており、最近のインタビューや番組出演でも滑舌に大きな問題はなかったようです。

社明さんの突然の訃報に驚きと悲しみを感じましたが、彼女の素晴らしい歌声と魅力的な人格は、長く忘れられないものとして記憶されることでしょう。彼女のは、今後も多くの人々に愛され続けることでしょう。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次