MENU

【呪術廻戦 247話】もう…限界…※ネタバレ注意【Rawの考察】

【呪術廻戦 247話】もう...無理...※ネタバレ注意【やまちゃん。考察】

※出典:【呪術廻戦 247話】もう…無理…※ネタバレ注意【やまちゃん。考察】/やまちゃん。(https://www.youtube.com/watch?v=NBYdEFxh1_s)

「最新話について徹底考察!処刑人の剣の行方や日車の成長、板取への期待とは?」

この記事の要約
  • 最新247話は衝撃の展開であり、日車と少なの戦いが主要な焦点となっている。
  • 回戦最新247では日車の成長が強調され、彼の術式操作能力の高さが示されている。
  • 同様に、板取も処刑人の剣を使用する能力を示し、その術式の成長に言及されている。
  • 日車の処刑人の剣が板取に渡されることで、効果が拡張される可能性が示唆されている。
  • 日車の死後呪いの強化や処刑人の剣の成長が、今後の展開に関わる重要な要素となっている。
詳しくは動画でご覧ください
目次

第247話考察:着車と板取の成長

第247話は、着車と板取の成長が描かれる回でした。着車は処刑人の剣を使い、反転術式を習得し、板取は樹体想図を含む呪物の影響で自身の腕が変化し、反転術式を使いこなせるようになりました。

着車は日車に反転術式の習得方法を教え、一見すると日車が役割を果たすことが期待されているように見えます。しかし、着車が自らの命を犠牲にして板取に処刑人の剣を渡す描写から、実は日車自身が板取に処刑人の剣を託すことを意図していた可能性も考えられます。

板取は、日車から処刑人の剣を受け継ぎ、自身も反転術式や領域を扱えるようになりました。これによって、板取による処刑人の剣の使用や効果が広がり、日本全土で無天辺を起こすことが可能になるかもしれません。

また、処刑人の剣が板取に渡される過程では、着車が死後強まる呪いを利用する計画があることも示唆されています。着車が自ら命を犠牲にして処刑人の剣を板取に託すことで、着車の術式の成長や板取の成長に繋がるのかもしれません。

次回の展開では、板取による処刑人の剣の効果や、日車が板取に刺さった剣に反撃できるのかどうかなどが明らかになる可能性があります。

第247話考察:スクナの反転術式に興味

第247話では、スクナが反転術式や日車の処刑人の剣に興味を示しています。スクナは、日車の術式特に処刑人の剣に興味を持ち、絶命の縛りと引き換えに処刑人の剣を板取に使えるようになる可能性を見出そうとしているようです。

スクナが日車に期待しているのは、日車の処刑人の剣が成長し、板取によってさらなる展開が生まれることであると考えられます。そして、スクナの狙いが実現するためには、日車の術式や板取の成長が必要とされるのかもしれません。

ただし、スクナの態度や日車への期待の変化には多くの矛盾があります。一方でスクナが興味を示し、一方で少なへの期待を示しているため、スクナの真の狙いや思惑は明確ではありません。

次回の展開では、スクナの興味や日車の成長に関する描写が進む可能性があります。

参考:【呪術廻戦 247話】もう…無理…※ネタバレ注意【やまちゃん。考察】/YouTube「やまちゃん。」(https://www.youtube.com/watch?v=NBYdEFxh1_s)

【動画】【呪術廻戦 247話】もう…無理…※ネタバレ注意【やまちゃん。考察】

まとめ:【呪術廻戦 247話】限界…【やまちゃん。考察】

この動画は、アニメやマンガについての考察を行っているようです。内容の詳細までは分かりませんが、登場人物やストーリーの展開について触れられているようです。また、処刑人の剣や反転術式など、物語の要素についても解説されているようです。興味深い話題が盛りだくさんの動画だったと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次