MENU

青木光一の本当の出身国…永田とよ子との離婚の真相に言葉を失う…「柿木坂の家」がヒットした男性歌手の現在…90歳を超えた姿に感動…癌闘病を乗り越えた奇跡に涙が零れ落ちた…

青木光一の本当の国籍...元妻・永田とよ子との離婚理由に言葉を失う...「柿木坂の家」が大ヒットした男性歌手の90歳を超えた現在...余命宣告の癌闘病を乗り越えた奇跡に涙が零れ落ちた...

※出典:青木光一の本当の国籍…元妻・永田とよ子との離婚理由に言葉を失う…「柿木坂の家」が大ヒットした男性歌の90歳を超えた現在…余命宣告の癌闘病を乗り越えた奇跡に涙が零れ落ちた…/昭和ロードショー(https://www.youtube.com/watch?v=cJSsNqcpKfE)

昭和25年にデビューし、昭和20年代後半から30年代前半にかけて多くのヒット曲を出した青木高一さんについてご紹介します。青木高一さんは大15歳にも関わらず若々しさがあり、独特の弾むような軽やかさを持つ歌い方が特徴です。1926年2月に佐賀県唐津市で生まれ、幼い頃に満州に渡ったそうです。青木光一さんは日本人であり、在日韓国人ではありません。彼は数々のヒット曲を生み出し、現在も現役で活躍しています。

この記事の要約
  • 青木高一さんは昭和25年にデビューし、昭和20年代の後半から30年代前半にかけて数々のヒット曲を出した歌でした。
  • 青木光一さんは1926年2月に佐賀県唐津市で生まれ、幼い頃に満州へ渡りました。
  • 青木光一さんの特徴は風貌が若々しく、歌い方も伸びのある独特の弾むような軽やかさです。
  • 青木光一さんは昭和30年代には多くのヒット曲を生み出し、人気アイドルとして活躍しました。
  • 青木光一さんの代表曲には「早く帰ってこ」や「柿の木坂の家」があります。
  • 青木光一さんは現在96歳でありながら、現役で活動しており、2015年にはテレビ東京の懐かしの昭和メロディ番組にゲスト出演しました。
詳しくは動画でご覧ください



青木高一さんの紹介

目次

青木高一さんのデビューと特徴

皆さん、こんにちは。昭和25年にデビューし、昭和20年代の後半から30年代前半にかけて数々のヒット曲を出していったのが青木高一さんです。青木高一さんは大15歳に見える歌詞ですが、風貌はいつも若々しく、歌い方も伸びのある独特の弾むような軽やかさが特徴です。

青木光一さんの生い立ち

青木光一さんは、1926年2月に佐賀県唐津市で生まれました。青木光一さんは日本人ですが、幼い頃に満州に渡りました。店の世中学を卒業後、店中央放送合唱団入団し、コーラスの指導をしていた米山さんの指導を受けました。在韓国ということになりますが、在日韓国人ということではないようです。日本人は在日韓国人にとても敏感で差別的な発言も目立ちますが、青木光一さんにしても時代が時代ですから満州に渡ったことも自分の意思ではありません。あまり在日韓国人に対して差別的な発言をするのはやめましょう。

青木光一さんのヒット曲

歌詞としての活動を開始したのは、日本コロンビアに入った昭和25年でした。しばらくはヒット曲に恵まれませんでしたが、昭和28年に若い2人の波止場での切ない別れを歌った「元気でね、さようなら」がヒットし、昭和30年には「小島海の郵便戦」もヒットして一躍スター歌の仲間入りをしました。

青木光一さんの後続の活躍

その後、青木光一は作曲家船村徹と出会い、独特の歌唱法が確立しました。その成果もあって、昭和31年には「早く帰ってこ」、昭和32年には「柿の木坂の家」、「僕は長市の運転」と大ヒットが続き、人気アイドル並みの活躍ぶりでした。昭和32年にはNHK紅白歌合戦にも出演しています。

青木光一さんの現在

青木高一さんはこの歌を感情を込めて思い入れたプリに歌っています。また、青木一さんは若い頃シベリアに抑留され、大変苦労されたことがあり、その時の感情があるのか、この歌を受験者が聞くと必ず泣く歌としても有名だそうです。現在も活動を続けており、テレビの懐かしの昭和メロディ番組にゲスト出演しています。青木光一さんは現在96歳ですが、風貌が青年っぽく、その若さは内面から来る歌への情熱を感じさせます。

参考:青木光一の本当の国籍…元妻・永田とよ子との離婚理由に言葉を失う…「柿木坂の家」が大ヒットした男性歌の90歳を超えた現在…余命宣告の癌闘病を乗り越えた奇跡に涙が零れ落ちた…/YouTube「昭和ロードショー」(https://www.youtube.com/watch?v=cJSsNqcpKfE)

【動画】青木光一の本当の国籍…元妻・永田とよ子との離婚理由に言葉を失う…「柿木坂の家」が大ヒットした男性歌の90歳を超えた現在…余命宣告の癌闘病を乗り越えた奇跡に涙が零れ落ちた…

まとめ:青木光一の国籍と離婚理由
「柿木坂の家」がヒットした男性歌の現在
癌を克服した奇跡の闘病

青木高一さんの動画を視聴して、彼のキャリアや歌唱スタイルについて感想を述べます。青木高一さんは昭和25年にデビューし、昭和20年代から30年代にかけて数々のヒット曲を出した歌です。彼の特徴的な風貌や若々しい歌い方、弾むような軽やかさが印象的でした。

青木光一さんは佐賀県唐津市で生まれ、幼少期に満州に渡った経験があるとされています。在日韓国人という噂もありますが、明確な情報はないようです。また、青木高一さんの歌は多くの人々に支持され、特に故郷演歌は昔の日本人に人気がありました。

特に印象的なのは、「早く帰ってこ」と「柿の木坂の家」のヒット曲でした。これらの曲は昭和32年に発売され、当時大ヒットしました。また、青木高一さんの病気からの復帰のエピソードも感動的でした。彼は50歳を過ぎたある日に肺がんと診断され、入院生活を送りましたが、紙を受け取ったことや大きなライブステージに立つことを目指すなど、強い意志と感謝の心を持って戦い続けました。

青木高一さんは現在も現役で活動し、95歳になりました。テレビ東京の懐かしの昭和メロディ番組にもゲスト出演しています。彼の活躍は、多くの人々に勇気を与える存在となっています。最後まで彼の歌声とストーリーに感動しました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次